丸岡藩砲台(まるおかはんほうだい)

丸岡藩砲台の基本情報

通称・別名

梶台場

所在地

福井県坂井市三国町梶

旧国名

越前国

分類・構造

台場

天守構造

なし

築城主

丸岡藩、栗原源左衛門(設計)

築城年

嘉永5年(1852)

主な改修者

主な城主

丸岡藩

廃城年

遺構

石垣、土塁

指定文化財

国史跡(丸岡藩砲台跡)

再建造物

周辺の城

堀江館(福井県あわら市)[6.4km]
吉崎御坊(福井県あわら市)[9.5km]
朝倉山城(福井県福井市)[13.0km]
大聖寺城(石川県加賀市)[14.8km]
長崎城(福井県坂井市)[14.9km]

丸岡藩砲台の解説文

丸岡藩砲台跡(まるおかはんほうだいあと)は、福井県坂井市三国町の梶にある砲台跡。梶台場とも。国の史跡に指定されている。

概要
幕末の嘉永5年(1852年)、丸岡藩の砲術家栗原源左衛門によって作られた砲台の跡。ペリー率いるアメリカ艦隊が浦賀に来航する前年のことである。

丸岡藩では後に藩主・有馬道純自らが西洋流砲術家の江川太郎左衛門に入門している。また藩士も大野藩の学問所「洋学館」に砲術修業のため入学している。

建築概要
高さ1.8m、長さ33mの石垣でつくられた胸墻に5つの砲眼を設けている。

丸岡藩砲台の口コミ情報

まるき〜遠江守様[2015年09月28日]
越前松島水族館の近くです、
道沿い海側に駐車場があり、看板もありますがよく見ていないと見逃してしまいそうな雰囲気と荒れようです、
十数台の駐車スペースにトイレも有り
砲台へは数分でたどり着けます。
ただ、足元まで草が生い茂っているので毒虫や蛇等を警戒した方が良さそうです。サンダルや露出の多い格好は避けるのが無難、
当然、砲台の向こう側は海なので夜や暗い時に訪問するのはオススメできません

丸岡藩砲台駐車場は水族館と水族館の臨時駐車場の間にあるので休みの日は渋滞が起こる可能性もあります。

みずくらげ様[2013年03月27日]
幕末に作られたとはいえ、予想以上に保存状態がよく驚きました(冬場は結構荒れそうな場所という印象があるので…)た砲台以外何もない場所ですが、駐車場には一応トイレもありました。

ポリタンク大和守様[2012年09月13日]
夏場の夕方に行ったことがありますが、駐車場に蜂らしきものが数匹飛んでいました。車の乗降時などに気をつけましょう。なお、砲台そのものでは危なそうな虫には出くわしませんでした。

三河守コーキしゃん様[2011年05月03日]
何の役にもたたない砲台を今まで残してた地元の人スゴいと思います。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore