鯖江陣屋(さばえじんや)

鯖江陣屋の基本情報

通称・別名

鯖江館

所在地

福井県鯖江市桜町、本町

旧国名

越前国

分類・構造

陣屋

天守構造

なし

築城主

間部詮言

築城年

享保5年(1720)

主な改修者

主な城主

間部氏

廃城年

遺構

移築門(万慶寺、松阜神社)

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

川島城(福井県鯖江市)[4.2km]
府中城(福井県越前市)[4.8km]
竜門寺城(福井県越前市)[5.4km]
小丸城(福井県越前市)[6.7km]
清水山城(福井県福井市)[7.2km]

鯖江陣屋の解説文

享保5年(1720)9月、譜代大名間部家が越後村上から越前鯖江へ転封され、鯖江藩が成立した。

陣屋は、北陸道沿いの幕府代官所跡地をそのまま利用して形成された。陣屋当時の遺構はほとんど残っていないが、現在の街区割や「屋形町」という地名にその名残がある。また、藩邸内にあった稲荷神社は現在の屋形町児童公園内に移築されている。

城下町は一般に、城郭を中心に上級武士・中下級武士さらに町屋敷が形成されていくが、鯖江藩の場合は、北陸道に面した代官所跡に陣屋を構えた関係で、北陸道の両側に町家、その東側に武家屋敷がそれぞれ南北に細長く展開するという珍しい形となった。

なお、鯖江藩は幕末まで城郭を持たなかったが、天保期の第7代藩主間部詮勝のときに、幕府から築城許可が下りたことがある。現在の「西山公園」頂上に天守閣を構える計画で、天守閣の設計図まで作成したが、結局、築城は実現しなかった。

この時の設計図を元に作成した天守閣の模型が「鯖江市まなべの館」に展示されている。

情報提供:鯖江市教育委員会文化課

鯖江陣屋の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore