天神山城(てんじんやまじょう)

天神山城の基本情報

通称・別名

所在地

富山県魚津市小川寺天神山10

旧国名

越中国

分類・構造

梯郭式山城

天守構造

築城主

長尾景直?

築城年

天文23年(1554)?

主な改修者

長尾氏

主な城主

長尾景直、青山氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、竪堀、堀切

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

魚津城(富山県魚津市)[4.9km]
若栗城(富山県黒部市)[6.8km]
松倉城(富山県魚津市)[7.9km]
生地台場(富山県黒部市)[9.0km]
内山城(富山県黒部市)[9.6km]

天神山城の解説文

天神山城(てんじんやまじょう)は、富山県魚津市天神山(別名・松尾山、標高163m)にあった山城。別名・萩城。頂上付近には人工的な平坦地があり容易に城跡と判別できる。

周辺には、魚津歴史民俗博物館、天神山温泉、新川学びの森天神山交流館などがある。

歴史
天神山の山頂部からは弥生式土器が出土しているため、二世紀末の倭国大乱に関係する弥生時代の山城跡と考えられている。

天神山城は松倉城の支城として上杉氏によって1554年に築城とされる。城の範囲は現在の金太郎温泉近くまであったと推測される。安土桃山時代には、上杉謙信がここを越中攻めの拠点として長尾景直を城主として送り込んだ。1582年の魚津城の戦いの際には上杉景勝が入城した。

本能寺の変の後、前田利家配下の青山佐渡守・豊後守親子が城代として入城したが、後に廃城となり、現在は片貝川に面した土塁や空堀などが残されている。

伝承
もと松尾山と呼ばれていたものが、
明応2年(1493)室町幕府10代将軍足利義材(よしき)が都の乱を逃れて小川寺(おがわじ)の寺院・光学坊に二月ほど身を隠した際に菅公像(天神様)を残し、後に松尾山に祀られたので「天神山」と呼ばれるようになったと伝えられている。

天神山城の口コミ情報

よね様[2012年09月20日]
隣接する吉田記念郷土館では、平成24年9月14日〜11月11日の間、「北陸の山城展」を開催しています。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore