浄古寺城(じょうこじじょう)

浄古寺城の基本情報

通称・別名

中牧城、城古寺城

所在地

山梨県山梨市牧丘町城古寺

旧国名

甲斐国

分類・構造

平山城

天守構造

不明(天守台あり)

築城主

大村加賀守

築城年

天文17年(1548)

主な改修者

保科氏

主な城主

大村氏、内藤氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、天守台

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

小田野城(山梨県山梨市)[3.3km]
於曾屋敷(山梨県甲州市)[5.1km]
連方屋敷(山梨県山梨市)[5.9km]
勝沼氏館(山梨県甲州市)[9.8km]
要害山城(山梨県甲府市)[11.1km]

浄古寺城の解説文

武田氏滅亡後、徳川家康が天正17年(1589)に内藤三左衛門に命じて築いた平山城。中牧城・東郡城ともいう。城の名は、この地にあった寺院・城古寺に由来するが、築城に伴い、同寺は窪平の地に移転された。

城は、鼓川と笛吹川との合流点に近い高台に占地し、周囲の展望にすぐれる。史料的裏付はないが、同所は中世初頭より安田義定の居館が営まれ、また、弘安年間の二階堂氏の修築や天文年間の大村氏の修築を受けたと伝えられている。

部分的に残存する遺構から推定される城の規模は、東西320m、南北436mに及び、山梨県内では数少ない天守台をもつなど、近世城郭としての特色を備えている。城は堀や土塁で画された本丸・二の丸・三の丸からなるが、外縁には急崖をなす自然地形を巧みに利用している。

周辺に残る堀ノ内・大庭・堀端等の地名も本城に関連したものと思われる。

情報提供:山梨県教育委員会

浄古寺城の口コミ情報

まー宮内卿様[2015年10月31日]
駐車場というより八幡神社境内が公園になっており、そこに駐車スペース有り。説明板の図から左手に坂道があり左脇には土塁と堀跡があり登ると本丸跡になります。本丸跡はお墓やブドウ畑がありそこを抜けると左手に一段高いところに石碑が見え天守櫓跡です。ブドウ畑の間を歩き回り込むように登る。天守櫓跡に行かずそのまま直進すると堀跡(ブドウ畑)があります。

三河守コーキしゃん様[2012年05月03日]
駐車スペース有。歩いてすぐ天守台跡まで行けますが周りがブドウ畑になってるので形状が分かり難いです。

加賀美 摂津守遠光様[2012年04月01日]
武田信玄公の家臣、大村加賀守によって築かれ大村加賀守、伊賀守が城主に成り、武田氏滅亡後は、徳川家康公家臣の内藤氏が城代を勤め甲府城が出来ると廃城に成りました。天守台跡が残ってます。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore