戦国世論調査

秀吉の人生最大の危機は?(2024/04/30)


豊臣秀吉公之像(豊国神社〈京都市東山区〉)

低い身分から身を起こし、やがて天下統一を成し遂げた豊臣秀吉。 その秀吉の人生の中でも、最も危機だった出来事は?

[投票実施期間]2024年04月30日~2024年05月29日


1.織田の将として、壮絶な退却戦を演じた金ヶ崎の退き口。

65%

2.尼子軍の籠る上月城を毛利勢が包囲した上月城の戦い。

2%

3.毛利軍を前に本能寺の変報に接した備中高松城の戦い。

10%

4.織田の後継者をめぐって柴田勝家と対決した賤ヶ岳の戦い。

3%

5.戦巧者徳川家康に局地戦で敗北した小牧・長久手の戦い。

14%

6.その他

3%
「ニッポン城めぐり」利用者のコメント

杉ちゃん尾張守(6を選択)
信長にとりなしてもらうほど、ねねと夫婦喧嘩した時か(笑)

音みく中務大輔闇サガン(6を選択)
弟の秀長と子供の鶴松が相次いで死んだ事。

高杉右近衛少将晋作(6を選択)
金ヶ崎の退き口も危機的だったと思うが、織田信長に出会うまでが一番危機的だったと思う。

まっつぁん1968(6を選択)
上杉謙信と対峙中柴田勝家と対立し、無断で帰ってしまった時なのではないでしょうか。
信長に切腹を命じられても仕方ない状況だったと思います

真田左衛門督幸村(6を選択)
手取川の戦いにおける帰陣したこと

しげぞー式部卿(6を選択)
後継者に恵まれなかったこと。

不動右馬允明王之介(1を選択)
危機という危機が見当たらない。
何してものらりくらり生き残りそう。

エースマンWAA太政大臣(6を選択)
低い身分の時代に多くの危機があったはず

宮本左近将監ジイヤ(6を選択)
能登攻略の手取川の戦いの前に、柴田勝家と揉めて勝手に帰陣した事件。
信長の逆鱗に触れたと太田牛一が信長公記に残した事件。

田安左近衛少将瞬菜(4を選択)
冬将軍が来る前に毛利や徳川が攻め込んでいたら敗北していただろう

右衛門尉にゃー猫(5を選択)
徳川家康の家臣である本多忠勝や徳川家の優秀な家臣が多くいるから

VI2【7】つ片喰(4を選択)
毛受勝照の活躍!
秀吉ビビりまくり!(^^)

野獣牛兵衛(5を選択)
織田信雄と講和出来なければ確実に負けていたので

美濃守たくみ(3を選択)
明智軍にも攻撃される可能性もあったから

楢山佐渡一山(1を選択)
実質の殿がりは家康だが…

柏山隼人佑明助(3を選択)
もうひとつ
上杉と柴田の戦いで、勝手に引き返した時も入れてほしかった。

りく徳川民部丞元康(1を選択)
殿は危険でしょうから⚠️

マイチロ(6を選択)
勝手に撤退し、激怒した信長から謹慎を命じられた手取川の戦い。

之丞(1を選択)
もっと危機があったかも!

らいくん(6を選択)
きっと信長に出会う前に何かあったと思う。

HAL 大蔵大輔(6を選択)
慶長、文禄の役が最も危機

ジュウ・ヤン大学助備中守(1を選択)
やっぱり殿軍はしんどいじゃろう

紅い征夷大将軍いしじぃ(1を選択)
何せ地位も金持ち兵力も足りない時期だから。

ark主膳正(6を選択)
そもそも窮地に立たないように思案を巡らせる人だなと。大きな危険がない。退き口もかなり危機だが、実は意外と手取川の撤退決断の一連が色々一番の危機かもしれないと思ったので半分逆張りで6に投票。

政木内匠助芳郎(6を選択)
戦争、
慶長の役は失敗だった
人事、
利休と秀次の死

京極弾正大弼ぽて丸(6を選択)
順当であれば①だが、ここはあえて「手取川の戦いにまつわる独断離陣」により、信長の逆鱗に触れた一件を挙げたい。下手をすれば本当に処刑されかねなかったという点では、十分候補に上がる気がします。

大峰(3を選択)
この時、黒田官兵衛に諌められたからこそ、冷静な対応を取れたが、主君の訃報を聞いた秀吉の苦しみは計り知れない。ここが最大のピンチだと思います。

笠寺砦丹後守(1を選択)
一番の危機だったこそ、その後の出世につながった。

まつけん加賀守♪曲輪衆七番(6を選択)
ねねに浮気がバレた時

そりゃあもう、毎回毎回血の雨が降ってさすがの秀吉も無条件降伏でしょう

そして懲りない

刑部大輔長門喫茶(6を選択)
手取川の戦い前に無断退却したとき

陥陣営イコッキ(6を選択)
草履の上に座っているところを見つかったとき

吉田内膳正勝因(1を選択)
他は危機でもないでしょう

はるるるる(1を選択)
この博打に勝って出世街道まっしぐら

Rocky丹波守【谷啓】(1を選択)
よく殿をつとめたと思う。死んでいてもおかしくはなかった。

やしち三河守(5を選択)
信雄がもう少し利口だったら、負けてたかも

Misaki左近衛少将(6を選択)
ンなもん、無い(˶ᐢᗜᐢ˶)

リアル主計頭書店(6を選択)
秀次が高野山で自決した時

樋口上野介(1を選択)
選択肢の中では1番命を落とす危機ではないかと。

とら中務大輔(6を選択)
明智光秀との最後の戦いである山崎の合戦。

下沼下総守雄信(6を選択)
信長の草履取りの頃。誤解を受けたまま信長に斬り殺されていたかも?

杏寿郎(4を選択)
場合によっは勝家が勝ってたのに、大返しはヤバすぎる

越前の怜(6を選択)
手取川の戦いの前に勝家と口論の末に戦線離脱して信長に蟄居させられた時

まあくん(4を選択)
事前の会議は有利に進めたが、誰が味方になってくれるのかわからないのは、人生の賭けだったと思う。

เงาะ駿河守ランブータン(6を選択)
親族が死に、秀頼を支える親族がほとんどいない中、世を去らねばならなくなったとき。

毛利左馬助teru元(1を選択)
さすがにこれかと思われ

とくになし玄蕃頭(3を選択)
1もあるかなとは思ったけど

修理大夫梢介(6を選択)
山崎の戦い。ピンチ&ターニングポイントだと思ったから大返しと言われるほど早く戻ってきた、と思っている

上州の熊(1を選択)
命の危機が一番あったから

Nb兵庫助(6を選択)
本能寺の変での信長の死

マタザ但馬守(1を選択)
後のは危機でも何でもない。
調略やらなんやら、秀吉らしい戦で結果オーライ。
金ヶ崎の戦いは殿軍やから流石に危なかったと思う。

410 件中 201~250 件目を表示中

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore

第5回 ジャパン・ツーリズム・アワード