戦国世論調査

秀吉の人生最大の危機は?(2024/04/30)


豊臣秀吉公之像(豊国神社〈京都市東山区〉)

低い身分から身を起こし、やがて天下統一を成し遂げた豊臣秀吉。 その秀吉の人生の中でも、最も危機だった出来事は?

[投票実施期間]2024年04月30日~2024年05月29日


1.織田の将として、壮絶な退却戦を演じた金ヶ崎の退き口。

65%

2.尼子軍の籠る上月城を毛利勢が包囲した上月城の戦い。

2%

3.毛利軍を前に本能寺の変報に接した備中高松城の戦い。

10%

4.織田の後継者をめぐって柴田勝家と対決した賤ヶ岳の戦い。

3%

5.戦巧者徳川家康に局地戦で敗北した小牧・長久手の戦い。

14%

6.その他

3%
「ニッポン城めぐり」利用者のコメント

りくお左馬頭かめお(3を選択)
本能寺の変からの中国大返しに一票!
金ヶ崎の退き口と迷いましたが、失敗した時に失うもの、成功したからこそ得た物の大きさを考えると3番かなと思いました。

景和(1を選択)
ピンチといえばここくらいかなと

陸前守(6を選択)
生まれた家が貧農。
出生が1番の危機。

鳴くまで待とう時鳥(6を選択)
墨俣一夜城の建設
身分も雑兵に毛が生えただけで危険に立ち向かったと思います

織田備前守信長(6を選択)
耄碌した晩年かと。。。

雑賀紀伊守重國(3を選択)
バレてたら危なかったと思います

ニコ(1を選択)
マジで死ぬかもとなった戦いだから

左大臣国盗りひろくん(6を選択)
千利休の切腹
秀長が亡くなって最初の過ち
未だマトモに判断できたのでは、という意味で、この事件が危機のはじまり
特にこれ以降のトチ狂いっぷりは呆れるくらいで、秀次切腹、唐入りと自滅の道を歩む

阿修羅 主馬首 (1を選択)
1は流れ矢で逝ってた可能性があるかもしれない。
リアルヤバそう。次点3は吉川しだいか。

カーズ淡路守(6を選択)
北陸攻めの無断離陣でしょう

黒田右近衛大将如水(6を選択)
上杉謙信との対峙から勝手に引き上げ切腹させられかけた時

丹波守(6を選択)
琵琶湖の南で流行っていた金目教との戦い。

椎葉谷左兵衛佐信光(6を選択)
朝鮮出兵。莫大な費用を投じ、人望を失い、その後の豊臣家の没落につながりました。

松本弾正少弼龍伊(6を選択)
最も信頼していた竹中半兵衛が早世してしまったこと。

常陸介ちょくぎ(5を選択)
これしかないでしょう

神楽(5を選択)
自分の死しかないでしょ!

図書頭伊藤茶(6を選択)
直接の戦闘ではないけど、柴田勝家と喧嘩して北陸戦線から勝手に撤収したのは下手をすれば切腹ものだったと思っています。

島原日向守頼道(1を選択)
織田の一武将としての秀吉は、他の指揮官としての秀吉に比べて前線で戦う機会が多かった、すると戦死しちゃう危険も増える。

弾正少弼和虎(1を選択)
他に無いのではと思います

尋衞門(1を選択)
殿で生き残るのが奇跡だから

内記千秀(1を選択)
やはりこれですかね、まだ力もない時ですし

なまず(1を選択)
この頃はまだまだ博打だったと思います。
織田家自体、存亡の危機でしたし…

誠之亮中務少輔(3を選択)
どれかと言えば3番かなぁ。色んな情勢含めて。

【猛】源九郎豊前守牛若丸(1を選択)
手取川の戦いの際に勝手に帰陣し、信長の逆鱗に触れた時と迷いましたが、秀吉が出世街道を爆進する起点となったことを考えるとやはりこちらかなと

もん主税頭減量中(1を選択)
退却戦での殿軍役は、死を覚悟しないと出来ないよな

Alfonso治部卿(6を選択)
手取川の戦いで信長に無断で戦陣を離れたことで謹慎処分になった時が一番危なかったのでは?

Luke(6を選択)
上杉攻めの際に無断で陣を引き払い、信長の勘気を被ったこと。

ひらりぶらり旅(1を選択)
殿を勤めたこの退却戦が人生で一番の危機だったと思う。

平朝臣井坂右近衛少将貞幹(6を選択)
金ヶ崎は家康がいたし、本当に人生終わりそうだったのは武士として士官する前の貧民窟にいたころや行商が軌道に乗るまでな気がする

たくりん(6を選択)
勝手に退却してしまった上杉攻め

ちょたけ和泉守(1を選択)
殿(しんがり)やったうえに生き延びたんだから、ある意味奇跡だったんだと思う

はるきんちょ(6を選択)
秀長が亡くなったこと。

knights34治部少輔(1を選択)
殿はたいへんなんでしょね。

k2m3織部正カツミ(1を選択)
これでしょー。死ななかったのが奇跡的に
なのに評価は低い。やりきれなかっただろね

康希路右近衛中将巳兎神(1を選択)
この辺かなー。ポイントはー。

金太郎民部卿松井康之(1を選択)
本当に身をさらして命を賭け運勢を築いたのはこの一戦、
他も命がけだったでしょうが本当の前線には立っていないので。

えるパパ弾正大弼(5を選択)
家康と直接対決した唯一の合戦
まだ政権基盤の固まっていなかつた次期で池田恒興・森長可などの抑えが効かなかった
それに対して徳川軍の団結力の強さを
想い知らされた

天叢雲修理大夫風歌(3を選択)
3番でしょう、信長の死の情報が毛利に届いたなら高松城から離れなくなり、大返しどころか仇討ち戦もできなく、清須会議以降の成り上がりも無かったかも。

天才筋肉サッカー様(6を選択)
わかんないけど一番身分が低かった時

飛龍侍従昇雲(6を選択)
戦だけで考えれば金ヶ崎の退き口だと思うが
正室ねねとの間に子供(世継ぎ)が生まれなかった
事が最大の危機であり豊臣崩壊の原因だと思う

本多作左衛門(3を選択)
転機となった備中大返し やっぱこれじゃないかな( ˙▿˙ )

宇喜多摂津守左近衛少将(3を選択)
3.毛利に追撃されていたら、天下統一はなかったと思う。

ヘチタイオ(1を選択)
マジで死にかけたからね

アーライン(6を選択)
草履を温めてたのに、信長に勘違いで殺されそうになった時かも

民部卿まる(1を選択)
生命の危機はここだけでしょ

科葉胆振守師朝(1を選択)
ここで死んでいてもおかしくなかった。

はやたろう(1を選択)
この頃は後者と比べ、身分のようなものが低く捨て駒にされる可能性が高かったから。その上、兵力も勝っている相手に方位されていたから。

甑岩式部卿正頼(1を選択)
この選択肢の中なら断然これ。
ここで討死しててもおかしくなかった。
でも、若い頃に記録に残ってないもっと命懸けの仕事をやってのけてるのではないかと思います。

復活!!播磨守金鴉(1を選択)
準備をする暇もなく巻き込まれた戦なので。そういう意味では3も危機だが、命の危険という意味では1の方が該当すると思う。

大司馬備前(1を選択)
土壇場でしたから、兵も壊滅状態、秀吉の命も危なかったのでは?

410 件中 51~100 件目を表示中

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore

第5回 ジャパン・ツーリズム・アワード