戦国世論調査

秀吉の人生最大の危機は?(2024/04/30)


豊臣秀吉公之像(豊国神社〈京都市東山区〉)

低い身分から身を起こし、やがて天下統一を成し遂げた豊臣秀吉。 その秀吉の人生の中でも、最も危機だった出来事は?

[投票実施期間]2024年04月30日~2024年05月29日


1.織田の将として、壮絶な退却戦を演じた金ヶ崎の退き口。

65%

2.尼子軍の籠る上月城を毛利勢が包囲した上月城の戦い。

2%

3.毛利軍を前に本能寺の変報に接した備中高松城の戦い。

10%

4.織田の後継者をめぐって柴田勝家と対決した賤ヶ岳の戦い。

3%

5.戦巧者徳川家康に局地戦で敗北した小牧・長久手の戦い。

14%

6.その他

3%
「ニッポン城めぐり」利用者のコメント

かな(3を選択)
私は、3番だと思います。みんなは、何番かな?

モモチン(6を選択)
鶴松死去。後継者が秀頼になった事。

てるてる急便(6を選択)
手取川の戦いで、勝手に離陣したとき

中務少輔やまち(6を選択)
手取り川の戦いでの離陣

齋藤美濃守道蚕(5を選択)
「関が原より熱く」という小説が面白かったです。

ミック左大臣ジャガー(1を選択)
他より死んでた可能性が高いと思うので1!

柿崎信濃守景家(6を選択)
戦わずして撤退したが、上杉謙信公との合戦。
手取川合戦。もし、戦っていたらどうなっていたか?

マット玄蕃頭マートン(1を選択)
殿軍を仰せつかってしまったわけだし

娘は未来の城ガール(6を選択)
信長に無断で勝 戦線離脱した北陸の役(加賀の戦い)。弁明をしくじっていれば、その後の活躍はなかったと思います。

池田下総少掾煕政(1を選択)
殿だから討ち死に覚悟

ツッパリ(6を選択)
大阪夏・冬の陣で、大阪城が焼かれた

チャッピー治部大輔ミア(6を選択)
手取川の戦いで、敵前逃亡した時ではないでしょうか?

こたりく兵庫助(6を選択)
朝鮮出兵だと思う。あれで豊臣は衰えたからねー

相模守輝彬(6を選択)
勝家ともめて勝手に陣を払って帰り、信長の怒りを買ったとき。

クマ左衛門佐クマ(6を選択)
後継と決めた秀次を、秀頼が、生まれた事で、排除しようとした時。

はてな「伊豆守(6を選択)
秀吉にピンチ無し!敢えて言うなら死期を悟った時ですね

cony138(1を選択)
しんがりと言う難しい役で年齢も若かったので。

たくのすけ近江守(1を選択)
この時の秀吉は死を覚悟したと言われているので生きているだけでも大した事だと思います

馬琴(6を選択)
出世する前の日常のがリスク高かったような気がしますがどうか?
足軽の負傷や死亡率はそこまで高く無かったようでしょうがそれでも長年戦や小競り合いの続いてる地域に低い身分から出世するには大変

柴崎権大納言幸助(1を選択)
家康に助けられなければ,ここで終わっていた

織田左近衛中将青龍(1を選択)
この時は死を覚悟したのではないかと思う。

keigo主殿允TV(6を選択)
やはり朝鮮出兵失敗だとおもいます。

歴史マニアヒロカズ和泉守(1を選択)
敗戦をそのまま背負ったんだから1番危機だったと思う。

大蔵大輔ふみんみー(1を選択)
しんがりを任されるということは、任された責任と共に死を覚悟したと思うから。

オクタン(1を選択)
理由は特にありません。

歴々(6を選択)
秀頼が死んだとき。何かが壊れた❗

くぽっちパパ武蔵守(1を選択)
ここで活躍したことで、その後の立場が変わったと思う

[配貫]動画バズり(1を選択)
矢川早さやさゆななさのゆかな

マサヒトン(6を選択)
信長の許可も得ず、手取川の戦いから退却し信長を激怒させた事。

まつ尾張守たか(6を選択)
北国へ援軍に行ったが、信長の命に叛き、自軍を勝手に陣から引き、信長の逆鱗に触れたとき。
タイミングがタイミングならば、例え秀吉でも命はなかったはず。

清水伊賀守宗治(6を選択)
柴田勝家を裏切った上杉謙信との戦、手取川の戦いの後の仕置き。

なおリン(6を選択)
官兵衛の子を信長に殺せと言われた時

みら掃部助(3を選択)
中国大返しは事前に本能寺の変を知らなければ成し遂げられないと思うが。

かなり筑前守(1を選択)
政治上の窮地となった高松城とどっちかな。あちらは天下取りのきっかけにもなった。ジェットコースターです。
金崎の退き口はホントに生命上の危機です。万事休すのところを家康が救った。こっちかな

高山修理大夫(6を選択)
柴田勝家に反発して勝手に戦線離脱した時

起發(6を選択)
わらじを温めたのと墨俣城で頭角を表したことでしょう。

Morizo(1を選択)
これしかないと思います

図書頭かねつら(1を選択)
命の危機的な意味ではダントツでは

宮内少輔たわっし(1を選択)
ここが一番命を落とす可能性があった

相模守ルントシュテット(1を選択)
政治的に失脚などの可能性は他の時もありますが、生命が直接危なかったのはこの時が一番。

MO釆女佑(1を選択)
浅井浅倉に挟撃される撤退戦かつ逃げるルートも危険だらけと思ったから。

竹薮の弾正忠(1を選択)
殿軍として浅井・朝倉軍の追撃を受けた金ヶ崎が一番でしょう。

城ロボ5号(ロボ会)木工允(6を選択)
浮気がバレて、信長から怒られた時!!

真田図書頭昌幸(6を選択)
手取川の戦いに参加しず、その後信長にお咎めを受けたこと

カツ(4を選択)
佐久間盛政が砦を落とした時に、柴田勝家が総攻めしていたら秀吉の大返しが間に合わず、秀吉が負けていたと思う。

下総守アラタさん(1を選択)
討ち死に必至の状況であったと言われる金ヶ崎撤退戦。どこまでの勝算(生存率)を考えていたかはわかりませんが、最も危機であったのではと… 

《宵闇爵》淡路守刻苑コーク(3を選択)
追撃されたら危なかったかも?
それか農民時代

TRATS能登守(1を選択)
秀吉は包囲されて殲滅寸前までいったらしいので、間違いなくこれかと

竹中半兵衛(6を選択)
柴田勝家と喧嘩して、勝手に長浜城に帰ったとき。

無色花火(1を選択)
まぁ、これがアウトだと、後が続かないから、という理由で。

410 件中 101~150 件目を表示中

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore

第5回 ジャパン・ツーリズム・アワード