戦国世論調査

秀吉の人生最大の危機は?(2024/04/30)


豊臣秀吉公之像(豊国神社〈京都市東山区〉)

低い身分から身を起こし、やがて天下統一を成し遂げた豊臣秀吉。 その秀吉の人生の中でも、最も危機だった出来事は?

[投票実施期間]2024年04月30日~2024年05月29日


1.織田の将として、壮絶な退却戦を演じた金ヶ崎の退き口。

65%

2.尼子軍の籠る上月城を毛利勢が包囲した上月城の戦い。

2%

3.毛利軍を前に本能寺の変報に接した備中高松城の戦い。

10%

4.織田の後継者をめぐって柴田勝家と対決した賤ヶ岳の戦い。

3%

5.戦巧者徳川家康に局地戦で敗北した小牧・長久手の戦い。

14%

6.その他

3%
「ニッポン城めぐり」利用者のコメント

蜂谷豊前守八ッ橋(1を選択)
名を上げようとしていた士官初期。

わっはっは!(1を選択)
やひわはわはわはらへらひわひまな

ハッチャケ弾正忠(6を選択)
能登畠山氏救援(手取川の戦い)前の無断撤兵

きたじょう(6を選択)
なぜ選択肢に山崎の戦いがないのか?結果快勝だが状況的には未知数かと

ww釆女正スーパー(1を選択)
秀吉約700の軍勢にたいし朝倉浅井連合軍約1万(諸説あり)の兵力差でしんがりを務めたから

弾正忠キママビト(1を選択)
織田家存亡の危機、一歩間違えていたらアウト

楠木美濃守五郎衛門(1を選択)
戦略も何も無く、生死を天に任せて戦ったと言う意味ではこれかと。

てんこ(1を選択)
織田家もろとものピンチだった。秀吉だけ生き残るのは難しかった。

坂東中務少輔太郎(1を選択)
危機というか1番討ち取られる可能性が高いのはこれ

特にありません(1を選択)
捨て駒扱いの戦いなので

Hanbey美濃守(6を選択)
死の間際、信頼できる一族が少なく、完全なる豊臣政権の地固めが出来なかったこと。

パパ刑部卿たこ(1を選択)
戦の経験も少ない初期の戦いであり、また、突然の長政の裏切りによる挟み撃ちの危機であったので。

戸沢夜叉九郎正樹(1を選択)
下手したら全滅したかもしれないから。

銀英16右近将監あおあか(1を選択)
ここで生き残れてなければその後はないわけだし……

しげ左近衛中将(4を選択)
前田利家さえ裏切らなければ長期戦になって苦戦したのでは。

治部卿(6を選択)
おねに、浮気がバレた時でしょ^_^

くろねこ駿河守⛩️【祈り】(6を選択)
近親者、特に秀長の死亡。

たっちゃん(6を選択)
朝鮮出兵の失敗、求心力の低下

普恩寺流北条相模守博昭(3を選択)
この時の対応を一つ間違えていたら、逆に身の破滅にも繋がりかねないとこでした。

キルヒアイズ(6を選択)
美濃攻めで調略中に捉まった時

佐藤式部大輔二郎(6を選択)
朝鮮出兵
国力低下
求心力低下で徳川政権の原因となった

安吉蔵人頭兼左中将大江呑経(6を選択)
関白豊臣秀次殺害、一家鏖殺事件

尼子恒久(2を選択)
あれは、尼子を助けて欲しかったなぁ

寄合左京亮倫宗(6を選択)
もしかしたら、天正地震かな?

鈴木 相模守 元信(6を選択)
朝鮮出兵。何だかんだ、「無理をしていた」としか思えない。その後、色々ガタガタになっていった。

参議吉田松山(1を選択)
秀吉の人生(生命)最大の危機と言えばやはりこれでは。

武田主税允光和(1を選択)
朝倉浅井の裏切りに動揺しながらも撤退できたのは奇跡でしょう。

坂戸左衛門佐清兼(6を選択)
柴田勝家と喧嘩して信長の命令を無視し上杉謙信との手取川戦い前に長浜に帰ってしまった時
諸説ありますが、信長の期限で左右されたと言う意味では一番危なかった気がします!

名港治部卿中央大橋(1を選択)
殿軍として彼が生き残れた運があってこそ、家来も信じてついていったのでしょう。

明智光秀が天下取る(3を選択)
やはり、織田信長が死んだというショック

三池兵部少輔典太(1を選択)
あとは危ない事は無かったと思う

【若】くぬぎ宮内大輔長宗我部(4を選択)
佐久間盛政の奇襲が理由です。

みどりん(1を選択)
織田家の危機でもあったから。

大上(6を選択)
戸次川の戦いでの大損害かな〜
部下をコントロールできなかったことと
信親や十河を戦死させて大損害を与えてるし
威厳や信用が下がったことにより立場が危うくなると焦ったと思う

ドピン大宰少弐(1を選択)
殿が一番死にやすいのにそれをこなしたのが。

左衛門佐さえもん(1を選択)
一番死に近い危機とするなら

にも半_織部正_頼長(3を選択)
有利とは言え遠国での攻城中であり敵の後詰(毛利本軍)は目前という状況。無統制に信長父子の死が伝われば、四国遠征軍のように兵の逃亡で戦力激減。国人衆の離反が重なれば軍が崩壊に陥ったかも知れません。

Mauria(1を選択)
前後に挟まれた撤退戦、落武者狩等で休む暇もなく

修理大夫Elliott(1を選択)
秀吉の人生、序盤であればあるほど危機度が高いと思います。

真田左大臣もきち(6を選択)
手取川の戦いの前に柴田勝家と対立して戦線を離脱したこと。考えただけでもゾッとしますね。もちろん相手は信長様ですけど。

本田左兵衛尉家吉(2を選択)
尼子の諸将を見殺しにせざる得なかったから

日向夏隠岐守(1を選択)
手取川の合戦か金ヶ崎の退き口じゃないかな

程々征夷大将軍速水右近(6を選択)
柴田勝家の上杉討伐に。信長に加勢する様に命じられて、その軍議の最中に大喧嘩して長浜に引き返した事は切腹に値する軍法違反!これが最強の窮地です。

田部朝臣土持安房守(6を選択)
対上杉戦たる戦いの前に勝手に帰った軍令違反よりの沙汰待ち。

那古野尾張守うつけ(6を選択)
やっぱり後継者じゃね?

しきょう(5を選択)
理由として、戦で後手に回ってる中で、政治的な勝利を収めた秀吉だが、政治的な勝利がない場合、伊勢・伊賀の織田、東海の徳川、関東の北条、四国の長宗我部が勢いづく可能性があり天下統一に支障をきたす

左馬助古河公方六代目(1を選択)
身の危険があったのはこれだけかと。

本多摂津守寛兵衛(6を選択)
晩年の耄碌が最大の危機でしょ

ちゃあ〜(6を選択)
弟の秀長さんが亡くなり右腕がいなくなった事。

たかさん(1を選択)
殿(しんがり)は成功する保証はないし、朝倉軍と浅井軍のはさみ撃ちになっていたので、

410 件中 151~200 件目を表示中

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore

第5回 ジャパン・ツーリズム・アワード