久多良木城(くたらぎじょう)

久多良木城の基本情報

通称・別名

寺山城

所在地

熊本県八代市坂本町百済来上

旧国名

肥後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

久多良木氏(名和氏家臣)、深水氏(相良氏家臣)

廃城年

遺構

曲輪、堀切

指定文化財

再建造物

周辺の城

田川内城(熊本県八代市)[5.8km]
八代城(熊本県八代市)[13.0km]
佐敷城(熊本県葦北郡)[13.1km]
高尾城(熊本県葦北郡)[14.5km]
黒淵城(熊本県八代市)[19.8km]

久多良木城の口コミ情報

磐城守きこりん様[2016年08月02日]
フォト、口コミゼロゆえ興味を持ちリア攻めしてきました。調べてみると、久多良は百済で、日本と百済の間で活躍した古代の僧、日羅ゆかりの土地でした。暗殺された日羅はこの地に移葬され、百済来地蔵堂に墓が伝わります。この地蔵堂の裏山が城跡です。
地蔵堂から県道をちょっと登ると馬場公民館があり、そのすぐ上が入口で、標柱が立っています。この道が尾根に最接近したところが三連続堀切、これより集落側が城域です。軽トラかジムニーなら城跡直下まで車で行けますが、普通の車は途中の転回場所まで。山道に慣れない人は地蔵堂の入口に駐車した方がいいでしょう。ジオグラフィカなどで2万5千分1図を見るとわかりやすく、標高254mの尾根が城跡、そこへ近づいてゆく実線の道が登城路です。
堀切の他は割とはっきりした広い郭と多くの腰郭が見られますが、藪です。朝鮮式山城だそうですが、よくわかりません。普通の中世山城に見えます。
この城の他にも周囲に幾つも山城があり、文化財も多くあるそうです(地蔵堂にある手書きのマップ参照)。風景も美しく、魅力的な土地でした。入口の集落の一番上の家の方が事情通です。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore