亀ヶ崎城(かめがさきじょう)

亀ヶ崎城の基本情報

通称・別名

酒田城、東禅寺城

所在地

山形県酒田市亀ヶ崎1-3-60(酒田東高校)

旧国名

羽後国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

大宝寺氏

築城年

文明10年(1478)

主な改修者

主な城主

東禅寺氏(大宝寺氏家臣)、本庄繁長・甘粕景継・志田義秀(上杉氏家臣)、志村光安(最上氏家臣)、酒井氏

廃城年

遺構

土塁、移築搦手門(円通寺)

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

砂越城(山形県酒田市)[6.6km]
新田目城(山形県酒田市)[7.6km]
城輪柵(山形県酒田市)[8.3km]
松山城(山形県酒田市)[11.5km]
観音寺城(山形県酒田市)[11.6km]

亀ヶ崎城の解説文

本城跡は酒田市役所南東700メートル、標高約3メートルの新井田川の左岸及び右岸を城域とし、左岸には本丸・二の丸を、右岸には三の丸を配し古くは東禅寺城と呼ばれた。現在、本丸・二の丸の大半が県立酒田東高等学校敷地となり、一部は住宅地となっている。また、三の丸は県立酒田商業高等学校敷地のほか住宅地や道路となっている。

遺構として残っているのは、酒田東高等学校敷地内にある二の丸西辺土塁及び北辺土塁のみとなっている。西辺土塁は高さ約2.5メートル、南北約170メートルにわたり、中間部には古絵図にも見える櫓台跡も残っている。北辺土塁は高さ約1.2メートル、長さ約160メートルにわたって残っているが、絵図面等と照合しても一部形状が異なることから、隣接する工場敷地との境界として築き直された形跡がある。

また、唯一の建物遺構として、搦手門が酒田市吉田にある円通寺山門として残っている。さらに、昭和59年、区画整理事業に伴う排水路工事中に、外堀の堀に架かり、鶴岡街道の起点ともなっていた「丸の御橋」の橋脚が発見され、その部材は亀ヶ崎十一面観音堂に保存されている。

情報提供:山形県教育委員会

亀ヶ崎城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore