鏡山城(かがみやまじょう)

鏡山城の基本情報

通称・別名

黒坂城

所在地

鳥取県日野郡日野町黒坂

旧国名

伯耆国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

関一政

築城年

慶長14年(1609)

主な改修者

池田氏(陣屋)

主な城主

関氏、池田氏(陣屋)

廃城年

元和4年(1618)(山城)

遺構

曲輪、石垣、土塁、腰曲輪、竪堀

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

江美城(鳥取県日野郡)[12.8km]
法勝寺城(鳥取県西伯郡)[15.1km]
湯谷城(鳥取県日野郡)[19.3km]
楪城(岡山県新見市)[20.2km]
布部城(島根県安来市)[23.8km]

鏡山城の解説文

鏡山城(かがみやまじょう)は鳥取県日野郡日野町黒坂に存在した江戸時代初期の城郭。旧日野産業高校校舎とその裏山が城跡である。

歴史
1609年(慶長14年)伯耆国米子城主・中村一忠が無嗣除封された後、伯耆国は小大名によって分割支配され、日野郡の地は伊勢国亀山より関一政が5万石で入封することとなった。関一政は黒坂の鏡山に新城を建設し城下町も整えた。

しかし1618年(元和4年)家中不統一を理由に改易されてしまい、鏡山城も破城された。築城からわずか9年という短い存続期間だった。

関氏の後にこの地を支配した池田氏は鏡山城居館跡に陣屋を置き、重臣・福田氏を置いて黒坂を支配させた。

関氏の築いた南北3筋・東西5筋の城下町の街並みは今に残っており、武家屋敷も見られる。

遺構
鏡山の丘陵に削平地が残る。基本的には土塁を主として構成された城だったらしい。
山上には南北に細長い主郭があり、南端と北端に櫓台とおぼしき遺構も見られる。櫓台には破城を受けているものの近世初期の石垣が残る。
山麓には居館跡が残っている。

鏡山城の口コミ情報

伯耆守眠々丸【友】様[2018年05月08日]
縄張り図では、陣屋跡の広い曲輪の後方から山頂に続く破線が記されてますが、このとおりに道を辿ることはできません。陣屋跡の後方には数段の郭跡が目視できますが生い茂る竹林を切り倒してそのまま朽ちた竹材が行く手を阻んでいるからです。段郭の上段から切岸を右上へ斜めに登っていくと、ものの数分で尾根道にぶつかります。その尾根を左に辿ると北西の虎口へ。両側の土塁は高く厚い構えとなっており、右に進むと更に下へ数段の郭が続きます。主郭方面は左に向かいますが、5月の山肌は既に籔化が始まって歩きにくいです。主郭への切岸の右側(東側)には竪土塁とも見れる土塁が続き、そのまま主郭の東に沿って連なっています。その主郭の東側、何気に見下ろすとそこには場違いに大規模な竪堀が眠ってました。主郭は南北に細長く、南に進み下った先の郭の左側には石積みを伴う井戸らしき跡を見ることができます。その郭を右に進み、主郭の東側に回り込むとそこには小規模ながら横堀が姿を現します。引き返して郭の南を下るとそこにも広い郭がありますが、削平部の中程には櫓跡らしき土盛が座しています。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore