津久毛橋城(つくもばしじょう)

津久毛橋城の基本情報

通称・別名

所在地

宮城県栗原市金成津久毛字平形松迫

旧国名

陸前国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

北畠顕信

築城年

興国2年〔南朝〕/暦応4年〔北朝〕(1341)

主な改修者

主な城主

北畠氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

鶴丸城(宮城県栗原市)[4.1km]
伊治城(宮城県栗原市)[6.5km]
姫松館(宮城県栗原市)[10.5km]
二桜城(岩手県一関市)[10.9km]
金沢城(岩手県一関市)[12.7km]
一関城(岩手県一関市)[14.0km]
花山館(宮城県栗原市)[15.8km]
高清水城(宮城県栗原市)[18.8km]
半目館(岩手県一関市)[19.8km]
佐沼城(宮城県登米市)[19.9km]

津久毛橋城の解説文

津久毛橋城(つくもはしじょう)は、日本の陸奥国栗原郡(現在の宮城県栗原市金成津久毛)にあった城である。1341年に北畠顕信が築いた。

中世までの津久毛橋は、陸奥国を南北に通じる街道が三迫川をわたる交通上の要地であった。津久毛橋城は、南北朝時代の興国2年(1341年)9月に南朝の北畠顕信が築き、南への進出のための拠点としたものである。城は三迫川沿いの平地の北の端にある丘の上に築かれた。北朝からは石塔義房が迎撃に出て、翌年の戦いで顕信を退けた。

津久毛橋城の口コミ情報

2019年04月25日 ⛫武蔵の謙
津久毛橋城



二郭と一段上の本郭。伝承では源頼朝公が平泉の藤原泰衡攻略の為、二十万の大群で津久毛橋(湿地帯)に差し掛かり、藻を刈り敷き詰めて渡ったという。2018.12.1撮影。

2019年04月24日 ⛫武蔵の謙
津久毛橋城



遠景。南北朝期の興国二年、南朝方最後の拠点として北畠顕信が入城。北朝方の石塔義房と対峙するも敗れる。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore