姫松館(ひめまつだて)

姫松館の基本情報

通称・別名

所在地

宮城県栗原市一迫真坂字寺東

旧国名

陸前国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

築城主

不明

築城年

平安時代後期

主な改修者

主な城主

井ノ山氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、畝状竪堀群、堀切

指定文化財

市史跡(姫松館跡)

再建造物

周辺の城

伊治城(宮城県栗原市)[6.9km]
花山館(宮城県栗原市)[9.6km]
鶴丸城(宮城県栗原市)[10.1km]
津久毛橋城(宮城県栗原市)[10.5km]
高清水城(宮城県栗原市)[11.4km]

姫松館の解説文

姫松館(ひめまつたて)は、宮城県栗原市一迫真坂にある山城。

遺構
一迫川の北岸、一迫川と並行して東西にのびる比高約60mの丘陵上に位置する。東西600m、南北300mに及ぶ巨大な山城だ。大きく6つの曲輪が東西に並び、それぞれを区切る堀切、山腹に設けられた大規模な横堀や竪堀、土塁などがよく残る。竪堀と横堀を組み合わせたような設計が見事で、県内屈指の見ごたえがある城だ。

城の南側は断崖に守られているため、防御のしかけは北・東・西側に集中する。曲輪間は堀切と土塁により遮断され、北側には横堀がめぐる。とりわけ主郭と思われる曲輪付近の防御は厳重で、北側に長大な二重の横堀と大規模な竪堀が設けられている。最西の曲輪は南側にせり出し、その東側にある主郭らしき曲輪も同様に南側に大きく突き出している。

最東の曲輪は南側に向けて開き、南東側に二重の堀、南に向けた竪土塁と竪堀が設けられている。枡形虎口も、南側を向いている。

現在は、姫松館森林公園として整備されており、城の一部が破壊されているが、遊歩道があり歩きやすい。

歴史
築城者や築城年代は定かではない。奥州藤原氏の城で、重臣の井ノ山氏が城主を務めたと伝わる。文治6年(1190)に奥州藤原氏の旧臣・大河兼任が姫松館に籠り、落城したと伝わる。落城時、千代姫が崖から傘を手に逃亡した伝承が、城名の由来のようだ。

現存する遺構は、天正18年(1590)の大崎・葛西一揆の際、一迫狩野氏の館を大改修したものと考えられている。

一迫狩野氏は本姓狩野氏で、14世紀中頃に一迫に入部。15世紀中頃から一迫氏を名乗った。天正末期には伊達氏に近づき、奥州仕置後も伊達氏に臣従した。

交通
東北自動車道築館ICから車で約25分

参考文献
『東北の名城を歩く 南東北編』吉川弘文館、2017年

文:萩原さちこ

姫松館の口コミ情報

シャド陸前守さん[2010年06月07日]
国道4号から国道398号を西へ走り大きな交差点を右折して県道17号を道なりに橋を越えカーブが終わるとすぐ右折
入り口は2カ所あるので通過してしまっても行けます
未舗装で道幅も狭いのでご注意下さい

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore

第5回 ジャパン・ツーリズム・アワード