姉帯城(あねたいじょう)

姉帯城の基本情報

通称・別名

所在地

岩手県二戸郡一戸町姉帯字川久保

旧国名

陸中国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

姉帯氏

築城年

不明

主な改修者

主な城主

姉帯氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、空堀、堀切、(発掘調査:建物跡)

指定文化財

町史跡

再建造物

碑、説明板

周辺の城

一戸城(岩手県二戸郡)[5.1km]
熊野館(岩手県九戸郡)[9.2km]
九戸城(岩手県二戸市)[10.5km]
堀野館(岩手県二戸市)[13.0km]
浄法寺城(岩手県二戸市)[14.5km]

姉帯城の解説文

姉帯城(あねたいじょう)は、岩手県二戸郡一戸町姉帯字館に所在した日本の城郭。一戸町史跡。

沿革
馬淵川右岸の尾根上にあり 東西120m南北100m 南は断崖、西は谷地、東北の尾根に空濠をめぐらす。ふもとには門前、馬場などの地名を残す。

戦国武士姉帯氏の本拠地。築城時期は不明。九戸連康の子兼実が、陸奥国糠部郡姉帯村を領し、郷村の在名を氏とした。

天正19年(1591年) 九戸政実の乱において九戸軍の最前線の城として、姉帯大学と戸田帯力が中心となって230人の将兵が仕置軍と対戦したが、大軍の前には抵抗できず8月24日遂に落城し、9月4日には本拠の九戸城が落城した。

天正20年(1592年)、「諸城破却書上」には「姉帯 山城 破 野田 甚五郎 持分」とあり、破却された。

姉帯城の口コミ情報

足軽越中守一歩様[2011年10月26日]
秀吉の天下統一の最後の合戦としての奥州征伐!九戸城に豊臣秀次隊!姉帯城に伊達正宗隊!他に徳川家康、上杉影勝、大谷吉継、石田三成、浅野長政等々の有名人が揃い一つになって戦ったとは凄い!かなりの激戦だと説明にある。H23年10月現在、本丸下まで車で行けるが狭く一部で道が崩れ落ちていたので普通車は要注意!駐車場には数台のみ可!

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore