種市城(たねいちじょう)

種市城の基本情報

通称・別名

所在地

岩手県九戸郡洋野町種市(地図は平城跡を示す)

旧国名

陸中国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

種市中務

築城年

不明

主な改修者

主な城主

種市氏

廃城年

天正20年(1592)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

周辺の城

大野館(岩手県九戸郡)[13.1km]
島守館(青森県八戸市)[13.4km]
風張館(青森県八戸市)[14.6km]
新田城(青森県八戸市)[14.7km]
鮫浦台場(青森県八戸市)[16.8km]
軽米城(岩手県九戸郡)[16.8km]
八戸城(青森県八戸市)[18.3km]
根城(青森県八戸市)[19.4km]
櫛引城(青森県八戸市)[19.6km]
尻内城(青森県八戸市)[22.6km]

種市城の解説文



種市城(たねいちじょう)は、岩手県九戸郡洋野町(旧・種市町)に所在した戦国時代の種市氏の居城。同町字城内(じょうない)のほぼ中心部に位置し、平時の居館とみられる平城(へいじょう)と[1]、そこから約1キロメートル南西にあり戦時に使用したとみられる山城(やましろ)の2城が存在した[2][3]

概要 

平城

城内地区は当時の種市の中心集落で、川尻川に北面した高台にあり、旧字名は「館」。平城跡はそのまま集落となっている。館の東側から集落内に通じる坂道は、館坂と呼ばれ八戸へ通じる街道の起点であった。現在は堀跡が道路となっているがほとんど市街地化し、地表上の遺構は残っていない[4]

山城

山城跡は、館から南西1キロメートル、比高50メートルの丘陵上に位置し、平場(曲輪)と空堀が残る[5]

歴史 

種市氏は一戸南部氏の分流とも、工藤氏の末裔ともいわれ、九戸政実の乱に際し、種市伝左衛門が九戸籠城に加わったが、当主の種市中務(なかつかさ、諱は不明[6])は南部氏側に属し、城攻めに参陣していた。

天正20年(1592年)の『諸城破却書上』には「糠部郡之内 種市 山城破 久慈孫三郎持分」とあり、廃城となった。

参考文献 

  • 【書籍】「日本城郭大系 第2巻 青森・岩手・秋田」
  • 【書籍】「角川日本地名大辞典 3 岩手県」
  • 【書籍】「岩手県中世城館跡分布調査報告書」
  • 【書籍】「日本歴史地名大系 第3巻 岩手県の地名」
  • 【書籍】「洋野町内試掘調査報告書」

種市城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

種市城の周辺スポット情報

 主郭(山城)(遺構・復元物)

 2の郭(山城)(遺構・復元物)

 空堀入口(遺構・復元物)

 登城口(遺構・復元物)

 道仏館(周辺城郭)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore