金沢城(かなざわじょう)

金沢城の基本情報

通称・別名

尾山城

所在地

石川県金沢市丸の内

旧国名

加賀国

分類・構造

梯郭式平山城

天守構造

型式不明[5重/1592年築/焼失(落雷)]、望楼型御三階櫓[3重/1603年築/焼失(火災)]

築城主

佐久間盛政

築城年

天正8年(1580)

主な改修者

前田利家、利長

主な城主

佐久間氏、前田氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、長屋、門、石垣、土塁、横堀(空堀)、移築能舞台

指定文化財

国重要文化財(石川門、三十間長屋、鶴丸倉庫)、国史跡(金沢城跡)

再建造物

菱櫓、橋詰門、橋詰門続櫓、五十間長屋、石碑、説明板

周辺の城

長屋城(石川県金沢市)[4.0km]
押野館(石川県野々市市)[4.6km]
富樫館(石川県野々市市)[5.2km]
高尾城(石川県金沢市)[6.0km]
寺中御台場(石川県金沢市)[6.6km]

金沢城の解説文

金沢城(かなざわじょう)は、石川県金沢市丸の内にあった城である。加賀藩主前田氏の居城だった。

概要
金沢平野のほぼ中央を流れる犀川と浅野川とに挟まれた小立野台地の先端に築かれた、戦国時代から江戸時代にかけての梯郭式の平山城である(かつて「尾山」と呼ばれたのもこの地形に因む)。櫓や門に見られる、白漆喰の壁にせん瓦を施した海鼠(なまこ)壁と屋根に白い鉛瓦が葺かれた外観、櫓1重目や塀に付けられた唐破風や入母屋破風の出窓は、金沢城の建築の特徴である。

この地は加賀一向一揆の拠点で浄土真宗の寺院である「尾山御坊(おやまごぼう、または御山御坊)」であった。寺とはいうものの大坂の石山本願寺(大坂御坊)と同じく石垣を廻らした城ともよべる要塞でもあった。織田信長が一揆を攻め落とし、跡地に金沢城を築いて佐久間盛政を置いた。後に盛政が賤ヶ岳の戦いで羽柴秀吉により滅ぼされ、秀吉は金沢城を前田利家に与えた。利家は文禄元年(1592年)から改修工事を始め、曲輪や堀の拡張、5重の天守や櫓を建て並べた。兼六園は、加賀藩4代藩主前田綱紀が金沢城に付属してつくらせた大名庭園である。

明治以降は、存城とされて軍施設が置かれたため建物の一部を残して撤去され、第二次世界大戦後には金沢大学が平成7年(1995年)まで置かれていた。

歴史・沿革

戦国時代・安土桃山時代
天文15年(1546年):空堀や柵などを備える城造りの寺院のであった尾山御坊(金沢御堂)が建立され、加賀一向一揆で加賀の支配権を得た本願寺の拠点となった。
天正8年(1580年):佐久間盛政が尾山御坊を攻め落とし、金沢城と改称して用いた。
天正11年(1583年):賤ヶ岳の戦いの後、羽柴秀吉(豊臣秀吉)から加増を受けた前田利家が4月28日(新暦6月14日)に入城し、尾山城と改称した。
天正15年(1587年)バテレン追放令により除封されたキリシタン大名高山右近が利家に呼ばれ、尾山城の大改造を行った(再び金沢城に改称されたのはこの頃といわれている)。
文禄元年(1592年):利家の子、前田利長が再び改造を行った。
慶長7年(1602年):天守が落雷によって焼失、代わりに三階櫓が建造された。また、この頃から金沢城という名称が定着した。

江戸時代
寛永9年(1632年):辰巳用水が城内に引かれた。...

金沢城の口コミ情報

加賀守ぬま様[2017年10月10日]
瓦の黒光りをおほめいただき、ありがとうございますm(__)m
金沢は雪国としては緯度が低く、水分の多い雪が沢山降ったため、瓦をツルツルにしておく必要があったのだと思います。

織田左兵衛督晃司様[2017年10月09日]
近くて大きな駐車場は兼六駐車場です。

重要文化財の石川門、三十間長屋、鶴丸倉庫は休日には一般開放され内部を見ることができます(しかも無料)

兼六園もあり、やはり多くの人でした。
そしてなぜか和服の女性の方が多くいました。

金沢で食事といえば近江町市場で寿司や海鮮丼!ですが
私のお目当ては宇宙軒食堂の「とんバラ定食」
秘伝のタレでとても美味しい。ご飯に肉をのせタレをかけて豚丼にしてもいける!
お客さんの全員がとんバラ定食を注文してました(もちろん他のメニューもあります)

KAZ大膳大夫正勝様[2017年09月18日]
さすが!石垣の博物館っすねー(≧∀≦)
石垣巡りのパンフ&各所の説明&解説付き展示!
最高っす!o(≧▽≦)o
石垣フェチにはたまりません!o(≧▽≦)o

勝手に…
『石垣聖地』とさせて下さい!o(≧▽≦)o

初めてです!!
お城だけで気付けば4時間(//∇//)
ありがとうございました(^O^)/

大蔵大輔おね様[2017年05月12日]
石垣の博物館とも言われている金沢城。
石垣巡りコースのパンフレットも用意されていて、3つのルートがあります。

加工されていない自然石で積み上げた東の丸東面の高石垣は圧巻で、城内最古の石垣です。隅部もキレイな算木積みになっていない所に歴史を感じました。(自然石積み)

土橋門石垣に亀甲石が組み込まれていたり、石川門石垣は、左右で積み方になっていたりします。

私が一番好きな石垣は、玉泉院丸に面した石垣。言わずと知れた「色紙短冊積み」です。パステルカラーのような石の色、まさに短冊のように縦に積まれた石垣。一見の価値ありです。

他にも様々な石垣があり、石垣だけを観て廻るだけでも一日楽しめます。

ソバッソ店長様[2016年10月01日]
言わずと知れた大大名の前田家惣構え城郭です。
流通経済文化全てが金沢に集約され、活性し発展してきた城下町です。

とにかく金持ちじゃないと出来ない事を沢山発見しました。

①武家屋敷の石垣が切込接
→石の加工が手間暇かかりすぎる技法

②建物の屋根が黒光り
→釉薬を塗り込み、焼き上げる温度も高温にしないといけない

③城下町用に用水路を更に二本に分割
→城郭へ用水を引いて、更に城下町へ巡らせ生活用水と防御壁に使用する土木工事はスゴイ


②の屋根瓦は、古そうな建物見たら大体黒光りです。
欠けてる部分を見つけたらチラっと見て欲しいですが、黒光りさせる為の釉薬は赤いんす。その赤が残ってる瓦がチラホラ。

何百年前の技術なんやろう‥とか考えながら散策してると、なんともたまりません。

来訪が二度目やった事もあり、城下町散策に絞った結果色んな遺構を見つけました。
こんな楽しみ方も、実は意外と楽しかったりする。細かいっすけどね。

まー宮内卿様[2016年08月15日]
8/11に鶴丸倉庫・三十間長屋・石川門の重要文化財特別公開を観に行った。展示物はパネルくらいだった。鶴丸倉庫の職員の方から天井の柱に金具が付いていることについて聞くと明治時代には被服倉庫として使用されていたから服を吊るすために使われたんではないかと言われた。また2階に1箇所だけ板が取れる箇所がありこれについても手動運搬機の役割を担っていたんじゃないかと話してた。三十間長屋の職員に話しかけたが少し冷め気味だった。

永眠武蔵守釋 葱進様[2015年07月04日]
今年の重要文化財の特別公開
石川門と三十間長屋:11月までの土休日と8月14日
鶴丸倉庫:8/14-16・9/19ー23・10/10ー12・10/31・11/1・11/3

棚原宮内卿護佐丸様[2014年06月06日]
藩祖利家公の金沢入城を記念した「百万石まつり」に合わせ、6月7日〜8日午後7時〜9時まで「金沢城・兼六園ライトアップ初夏の段」が行われます。

棚原宮内卿護佐丸様[2013年02月05日]
2月8日〜17日の17時30分〜21時まで、兼六園無料開放&兼六園・金沢城ライトアップが行われます。
先週末は兼六園こそ大混雑でしたが、城内は閑散としており、散策と写真撮影には最適でした。
期間中に北陸方面にお越しの方は、立ち寄られてはいかがでしょうか。

いっせい縫殿允様[2012年09月17日]
現在、石川門が改修工事中です。また、城内では橋爪門二の門の復元工事がはじまっています。最近でもかなり暑いのでで、散策 時は熱中症にご注意を。

中納言M三郎様[2011年07月11日]
GWに夜行で、訪れました。
寒冷地仕様の鉛瓦、なまこ壁、とても上品…素敵でした。また、城域の広さ、城門の大きさ、多様な石垣…圧巻でした。特に、多くの城で外部に力を誇示することに意を用いている中、城門の中の普段、敵や領民の入らない部分に、惜しげも無く、財力を投入し長屋、櫓を設置している点に、前田家のかぶきと加賀百万石の財力を見せつけられました。菱櫓の構造や建物の意匠に匠の技術力の高さが滲んでました。
興奮しつつシャッター押し通しで4時間も城散歩を楽しんでしまいました

三河守コーキしゃん様[2011年05月02日]
海鼠塀と鉛瓦葺きで他のお城にはない良さを醸し出しています内枡形の石川門や河北門が特に良かったです色んな積み方の石垣もあって見る所が一杯有り過ぎて石川県民がうらやましい

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月23日]
[武将像]前田利家像
大手堀から百間堀を埋め立てた公園の百間堀側(石川門側)に甲冑立像。
尾山神社内に騎馬像と松のレリーフ。

tomm加賀守様[2010年07月01日]
今年度(平成22年度)は石川門と三十間長屋の特別公開がかなりの日数開催されます!
観覧無料ですので詳しい日程は公式HPにてご確認下さい。

河北門の方は毎日無料で観覧できます。

またつい先日より橋爪門二ノ門の復元整備が開始されましたのでご注意下さい。

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年06月11日]
平成22年(2010)春、河北門が復元・公開されました。写真アップします。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore