豊田館(とよたのたち)

豊田館の基本情報

通称・別名

豊田城

所在地

岩手県奥州市江刺区岩谷堂字下苗代沢

旧国名

陸中国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

藤原経清

築城年

長元年間(1028〜1038)

主な改修者

主な城主

藤原氏

廃城年

遺構

曲輪

指定文化財

市史跡(豊田館跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

胆沢城(岩手県奥州市)[4.8km]
水沢城(岩手県奥州市)[6.0km]
鳥海柵(岩手県胆沢郡)[6.7km]
折居館(岩手県奥州市)[10.7km]
新井田館(岩手県胆沢郡)[12.1km]

豊田館の解説文

豊田館(とよたのたち)は、岩手県奥州市江刺区にあった平安時代末期の城館。

歴史
長元年間(1028年 - 1038年)、前九年の役で惨殺された藤原経清が築いたとされ、後三年の役の後、平泉文化を開いた経清の子・藤原清衡が生まれ育った所であると伝わる。康和元年(1099年)、豊田館から衣川を越えた平泉へ移った。平泉館など奥州藤原氏の5館の一つで政庁的な機能をもっていたと推測される。

現状
現在は史跡公園として整備保存され、一画には安永3年(1774年)の建立の仙台藩濡田辺希元撰の豊田城跡碑がある。碑文には、「藤原経清の居館豊田跡にして嫡男清衡生誕の地である」と記されている。

具体的な発掘調査は行なわれておらず、遺構の内容は不明であるが、中国産の白磁四耳壺(奥州市指定有形文化財)や大日如来像を型押しにした塼仏が出土しており、当時の江刺には豊かな財力を基盤とした前平泉文化が存在していたと推測される。

豊田館跡付近に造られた歴史公園「えさし藤原の郷」では豊田館が推定復元されている。

豊田館の口コミ情報

中務少輔きたろう三世様[2014年05月06日]
館跡は、平凡な構造だが、歴史も深くアクセスもいいので、もっと訪問者が多くてもいいと思う。

攻略対象ではないが、付近の岩屋堂城は、なかなか見応えのある土の城なので、こちらも是非訪れてほしい。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore