豊田館(とよたのたち)

豊田館の基本情報

通称・別名

豊田城

所在地

岩手県奥州市江刺岩谷堂字下苗代沢

旧国名

陸中国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

藤原経清

築城年

長元年間(1028〜1038)

主な改修者

主な城主

藤原氏

廃城年

遺構

曲輪

指定文化財

市史跡(豊田館跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

胆沢城(岩手県奥州市)[4.8km]
水沢城(岩手県奥州市)[6.0km]
鳥海柵(岩手県胆沢郡)[6.7km]
六日入城(岩手県奥州市)[10.8km]
人首城(岩手県奥州市)[12.2km]
野手崎城(岩手県奥州市)[13.1km]
黒岩城(岩手県北上市)[15.0km]
岩崎城(岩手県北上市)[16.9km]
二子城(岩手県北上市)[17.5km]
毒沢城(岩手県花巻市)[18.7km]

豊田館の解説文



豊田館跡(とよだのたちあと)は、岩手県奥州市江刺にある平安時代末期の遺跡。

歴史 

平安時代に陸奥守源頼義から江刺郡を授かった奥州藤原氏の祖先・藤原経清が居館として築き、後三年の役の後に平泉を築いた経清の子、清衡が生まれ育った場所であると伝承されている。清衡は康和元年(1099年)、豊田館から母方安倍氏ゆかりの地である衣川を越えた平泉へ移った。

豊田館は、清衡が平泉に拠点を移した後も平泉館など奥州藤原氏の5館の一つとして政庁的な機能をもっていたと推測されている。

現状 

現在は史跡公園として整備保存され、一画には安永3年(1774年)の建立の仙台藩儒田辺希元撰の豊田城跡碑がある。碑文には、「藤原経清の居館豊田跡にして嫡男清衡生誕の地である」と記されている。

具体的な発掘調査は行なわれておらず遺構の内容は不明であるが、中国産の白磁四耳壺(奥州市指定有形文化財)や石川県珠洲産の大日如来像を型押しにした塼仏が出土している。

豊田館跡付近に造られた歴史公園「えさし藤原の郷」では豊田館が推定復元されている。

所在地 

  • 岩手県奥州市江刺岩谷堂下苗代沢字餅田(場所には諸説あるが、擬定地として挙げられている)

アクセス 

  • 東北新幹線水沢江刺駅より車で約15分

豊田館の口コミ情報

2023年05月14日 国府三河守城介
岩谷堂城[豊田館  周辺城郭]



仙台藩の北の要衝を守る岩谷堂伊達氏の居城

【歴史】
鎌倉時代以前からこの地に城があったらしいが、諸説あり詳細は不明。
南北朝頃になると、葛西信詮の次男・江刺信満が城主だったと伝わる。
江刺氏は、その後勢力を拡大すると、宗家である葛西氏と対立し、数度に渡り、合戦に及んでいる。明応4年(1495)に、江刺隆見は葛西政信に敗北し、降伏している。その後、葛西政信の孫・重親(重胤?)が城主となり、江刺氏を名乗っている。しかし、数代後の天正13年(1585)頃には、当主の信時は葛西宗家から勘当され、一族の重恒が当主となった。
天正18年(1590)、豊臣秀吉の奥州仕置において、葛西氏は所領を没収され、江刺氏も岩谷堂を去った。葛西氏の旧領は、木村吉清に与えられ、岩谷堂城には家臣の溝口外記が城代として入城したが、溝口は葛西・大崎一揆において一揆勢に敗死した。
翌天正19年(1591)の奥州再仕置時には、大谷吉継が在城し、縄張りの改修が行われ、伊達政宗に引き継がれた。岩谷堂城には、桑折政長をはじめ、伊達氏の重臣が在城したが、万治2年(1659)に伊達(岩城)宗規(伊達忠宗の七男)が入城し、幕末まで岩谷堂伊達氏(仙台藩一門第二席)が統治することとなった。

別名:柄杓ヶ城、岩谷堂要害

【遺構】
豊田館から北北西2.1kmに位置し、人首川に接する台地(標高114.9m/比高60m)上に築かれている。
現在は館山史跡公園として整備されているが、曲輪、土塁、虎口、空堀、水堀など遺構は良好に残っている。
本丸は円形で縁を土塁で囲み、周囲を腰曲輪と横堀で守っている。また、二ノ丸には伊達氏時代には居館が置かれ、大手には枡形虎口が設けられ、現在も残っている。本丸と二ノ丸の間に、深い空堀で挟まれた中ノ丸という郭が置かれている。

【感想】
遺構の状態も極めて良好な上、アクセスもしやすいので、是非リア攻めしてください。
特に中ノ丸を挟む深い空堀は中々のものです。また、仙台藩の要害では珍しく水堀が現存しています。
大谷吉継がこの城を改修したことは全く知らずに訪れたため、かなり驚きました。そのため、城内にある「大谷桜」は、一瞬二刀流の方が植樹したのかと思ってしまいました(笑) 
また、近くには「歴史公園えさし藤原の郷」があり、炎立つのロケ地をはじめ、大河ドラマのロケ地になっているので、時間があればこちらも回ってみては如何ですか?

【アクセス】
①水沢江刺駅から、レンタサイクルで約35分。
②水沢駅からバス(水岩線)に乗車し、六日町若しくは大通り公園前(時間帯によってルートが異なるので注意)で降車し、徒歩20~25分。

【写真】
①登城口
②説明版
③水堀と桝形虎口跡
④二ノ丸
⑤空堀(中ノ丸と二ノ丸間)
⑥空堀(中ノ丸と本丸間)
⑦本丸下の横堀
⑧本丸土塁

2023年04月18日 気分爽快信濃守
岩谷堂城[豊田館  周辺城郭]



史跡公園となっており、駐車場も完備されています。二ノ丸が高校のグラウンドになっている広大な城域で、中ノ丸を経て本丸に至ります。本丸は横堀と土塁で囲われた円形のような郭です。

①本丸の横堀
②本丸と中ノ丸の間の堀切
③本丸の下段
④中ノ丸の土塁と横堀
⑤二ノ丸
⑥中ノ丸
⑦本丸北
⑧本丸虎口

2014年05月06日 中務少輔きたろう三世
豊田館

館跡は、平凡な構造だが、歴史も深くアクセスもいいので、もっと訪問者が多くてもいいと思う。

攻略対象ではないが、付近の岩屋堂城は、なかなか見応えのある土の城なので、こちらも是非訪れてほしい。

豊田館の周辺スポット情報

 岩谷堂城(周辺城郭)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore