鳥海柵(とのみのさく)

鳥海柵の基本情報

通称・別名

弥三郎館

所在地

岩手県胆沢郡金ヶ崎町西根字鳥海

旧国名

陸中国

分類・構造

古代城柵

天守構造

なし

築城主

安倍宗任

築城年

平安時代後期

主な改修者

主な城主

安倍氏

廃城年

遺構

(発掘調査:掘立柱建物跡、竪穴建物跡)

指定文化財

国史跡(鳥海柵跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

胆沢城(岩手県奥州市)[2.2km]
水沢城(岩手県奥州市)[5.4km]
新井田館(岩手県胆沢郡)[5.4km]
豊田館(岩手県奥州市)[6.7km]
折居館(岩手県奥州市)[10.6km]

鳥海柵の解説文

鳥海柵(とのみのさく)は、岩手県胆沢郡金ケ崎町にあった、前九年の役における、安倍氏十二柵のひとつ。

概要
胆沢川と黒沢川の沿岸に位置する。安倍宗任が柵主をつとめた。別名弥三郎館(やさぶろうたて)。規模は東西70m、南北80m。

『陸奥話記』に登場する柵のひとつ。胆沢城と卑近な距離にあった。難攻不落を誇っていたという。康平5年(1062年)9月11日、源氏・清原連合軍に攻められ落柵。

昭和47年、昭和50年と二度に渡り岩手県教育委員会により発掘調査が実施され、その結果建造物の橋脚や竪穴式住居が発掘され、また土師器や須恵器が出土した。

参考文献
青森・岩手・秋田の城郭(日本城郭大系・新人物往来社)

鳥海柵の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore