村松城(むらまつじょう)

村松城の基本情報

通称・別名

(村松陣屋)

所在地

新潟県五泉市村松(城跡公園)

旧国名

越後国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

堀直吉

主な城主

堀氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

護摩堂城(新潟県南蒲原郡)[6.7km]
東島城(新潟県新潟市)[9.4km]
安田城(新潟県阿賀野市)[10.8km]
新津城(新潟県新潟市)[12.3km]
沢海城(新潟県新潟市)[14.9km]

村松城の解説文

村松城(むらまつじょう)は、かつて新潟県五泉市(旧中蒲原郡村松町)にあった城。

歴史
上杉氏が越後国を統治していた時代に館があったと伝えられる。寛永16年(1639年)に村上藩主(村上城主)だった堀直竒の次男堀直時が蒲原郡3万石を分封され、その後正保元年(1644年)に堀直吉によって陣屋が築かれた上で城下町が形成された。嘉永3年(1850年)に大改築が行われた。

1868年の戊辰戦争で奥羽列藩同盟に加盟した村上藩によって自ら火をかけられた。1872年の廃藩置県で村松県庁舎が置かれたが、県が新潟県に吸収合併された後に土地は払下げされた。1979年から1984年にかけて村松町によって土地が買収されたのちに郷土資料館と民具資料館がつくられ1987年から村松城跡公園となっている。公園には蒲原鉄道の実際の車両も展示されている。

村松城の口コミ情報

にっこう様[2010年09月20日]
滝谷川沿いの城跡です。村松市街地は未だ当時の区画や地名の名残があります。明治以降は愛宕原に陸軍が駐屯し、日露戦争記念した公園があり、現在新潟有数のの名所となっていますので、足を運んでみてください

傾奇揚げ仙兵衛様[2010年08月17日]
この地区で作られた餅は日本一旨いと評判

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore