荏田城(えだじょう)

荏田城の基本情報

通称・別名

荏田城山

所在地

神奈川県横浜市青葉区荏田町(私有地)

旧国名

武蔵国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

荏田氏?

築城年

鎌倉時代?

主な改修者

主な城主

荏田氏?

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

周辺の城

茅ケ崎城(神奈川県横浜市)[2.8km]
有馬城山(神奈川県川崎市)[2.9km]
山田城山(神奈川県横浜市)[3.9km]
池辺陣屋(神奈川県横浜市)[4.6km]
榎下城(神奈川県横浜市)[5.2km]

荏田城の解説文

荏田城(えだじょう)は、武蔵国都筑郡荏田郷(現在の神奈川県横浜市青葉区荏田町)にあった日本の城。城の東を古鎌倉街道が通り、南を矢倉沢往還(大山道)が通る。現在は立入禁止になっている。

歴史・沿革
平安時代
源義経に仕えた江田(荏田)源三広基(弘基)の居城であったとの伝承がある。麓の小黒谷の地名は、源三が義経から賜った名馬「小黒」をつないだ厩があったことにちなみ、源三が城から放った矢が落ちた場所に矢谷、矢羽根の名が付けられたとも伝えられる。しかし源三は信濃国英多郷の出身であり、この地とは関係がない。また、武蔵七党の一つである綴党(つづきとう)の荏田氏を築城主とする説もある。

室町時代
1343年(康永2年)の山内首藤通綱・通範の寄進状に「武蔵国荏田郷内堀内赤田之田畠」と記されており、「堀内」とあることから、この時点では既に城があったと考えられている。

戦国時代には後北条氏の城の一つであり、茅ヶ崎城榎下城とともに小机城の支城であったが、1590年(天正18年)の後北条氏の滅亡とともに廃城となったと考えられている。

構造
早渕川支流の布川とその支流の赤田川に挟まれた比高20メートルほどの舌状台地の北東端を利用して築かれた、全長約160メートル幅約70メートルほどの小規模の城郭である。主郭と西郭からなる連郭式の縄張りであり、2つの郭はそれぞれ空堀で囲まれて土橋でつながる。

遺構
東名高速道路の建設によって西側の斜面が削られたが、大半は民有地で竹林となっており遺構の保存状態は比較的良い。

郭を囲む空堀や土塁と、郭をつなぐ幅2.6メートルの土橋が残されている。日本城郭大系には本郭には幅2メートル高さ1メートル前後の低い土塁が有るとされるが、現在は土盛り程度で不明瞭である、西郭には高さ1.5~3メートルの土塁が残る。堀は逆台形で上幅は9~10メートル、深さは2.5~3.5メートルである。堀外の土塁は低く、土塁の下には狭い帯郭がある。現在は本郭への土橋と堀の一部が多少不明瞭になってきている。

周辺
城の北東にある観福寺近くの山は「新編武蔵風土記稿」に敵見塚として書かれ、鎌倉街道を両側から押さえる支砦と考えられている。...

荏田城の口コミ情報

ぎっちゃん様[2010年06月24日]
地主さんの意向で完全非公開。なので決して入ってはいけませ
城山を眺めて楽しみましょう

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。