佐土原城(さどわらじょう)

佐土原城の基本情報

通称・別名

田島城、、田島之城、鶴松城、松鶴城

所在地

宮崎県宮崎市佐土原町上田島追手

旧国名

日向国

分類・構造

平山城

天守構造

型式不明[3重/築年不明/破却]

築城主

田島休助

築城年

建武年間(1334〜1336)

主な改修者

主な城主

田島休助、伊東氏、島津氏

廃城年

明治3年(1870)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、天守台

指定文化財

国史跡(佐土原城跡)

再建造物

復元御殿、碑、説明板

周辺の城

富田城(宮崎県児湯郡)[4.6km]
都於郡城(宮崎県西都市)[5.1km]
那珂城(宮崎県宮崎市)[5.6km]
広瀬城(宮崎県宮崎市)[5.8km]
木脇城(宮崎県東諸県郡)[8.4km]

佐土原城の解説文

佐土原城(さどわらじょう)は、現在の宮崎県宮崎市佐土原町上田島にある城。江戸時代は佐土原藩島津氏の居城となった。

佐土原城跡の名称で2004年(平成16年)9月30日に国の史跡に指定された。

概要
14世紀半ばごろに伊東氏の一族田島休助によって田島城(たじまじょう)として建てられた。

1427年(応永34年)頃、田島氏は日向国に勢力を伸ばしてきた伊東氏から城を追われ、伊東祐賀が入城。佐土原氏を名乗る(このころから通称として佐土原城とよばれだした)。 さらに1480年(文明12年)に伊東本家筋から伊東祐国が佐土原氏の養子に入り、正式に伊東氏が田島城(佐土原城)を支配。伊東四十八城の一つに位置づけられた。

1536年(天文5年)に焼失。(1542年(天文11年)から1543年(天文12年))に、田島城(佐土原城)の跡地に新しく鶴松城(かくしょうじょう)として建てられた(通称は佐土原城)。西にある伊東家の居城都於郡城と並ぶほどの城に整備される。

その後、伊東氏は島津義久に敗れ豊後国に逃れ、義久の実弟島津家久が城主として入った(高城の合戦)。

1587年(天正15年)に豊臣秀吉が九州に侵攻、島津義久は秀吉の傘下に入る。その直後に家久は急死(死因については暗殺などの諸説ある)、息子豊久が城主となる。

1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いで島津家は西軍に参加。豊久は戦死し、徳川家康の家臣、庄田三太夫が一時的に預かるという形になったが、その後1603年(慶長8年)に島津以久が3万石を領して入封、以後明治まで領した。

1625年(寛永2年)に二代藩主島津忠興の代に、山の上の建物を壊して、麓にある二の丸に館を移した。この際に正式名称が本家の鶴丸城と同様に「鶴」の文字をおいた松鶴城(しょうかくじょう)となる(通称は佐土原城)。

1870年(明治3年)に広瀬(現・宮崎市佐土原町広瀬)に移転したため、建造物は全て破却された。ちなみに移転先の広瀬城も廃藩置県のため未完のまま取り壊された。
...

佐土原城の口コミ情報

五瓜に唐花紋大納言や〜きみ様[2017年05月08日]
駐車場あり。
城の前には道の駅みたいな施設もあり。
敷地には資料館と遺構があります。
資料館の裏山が遺構になります。

やさぐれ征夷大将軍やなんちゅ様[2017年05月07日]
平成29年4月より開館日が土曜、日曜、祝日のみとなりました。
菖蒲の季節の5/15〜6/14は特別開館期で休館日無しだそうです。
続百名城に選ばれた事にガイドさんは困惑してました。
そのため開館日の変更がまたあるかもしれません。

カーネル様[2016年05月27日]
宮崎交通佐土原小前バス停から徒歩10分で歴史資料館
山城へは、建物の左脇から案内板に沿って畑を進むと山城入口の看板があります
道中では、図入りでわかり易い説明板があるので、楽しく歩けます

山道は1周することができます。一番奥では本丸への往復路があるので、本丸跡までピストンしてから、周回道へ戻る
40分くらいで1周できます。ここへ来たのは2回目なので資料館はパスして、バス停まで戻って1時間半

バスが時刻どおり来ないので、地元のおばさんと、平日ダイヤか土曜日ダイヤかで激論を交わす
結論は、土曜でも祝日なら、祝日ダイヤだそうです。お気をつけください

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

柴崎薩摩守幸助様[2016年02月15日]
駐車場は歴史資料館にありますが資料館が閉まる16:30には閉鎖されるようなので、ご注意ください。

城爺様[2015年06月29日]
平山城なのと2日間晴れだったので長ズボンと帽子はかぶったんだけど、
スニーカーに半袖ポロシャツで登城しました。
結果、梅雨どきの山城をなめてました(−_−#)‼️

大宰少弐ためぞう様[2012年08月19日]
資料館となっている二の丸御殿は、なんと無料!門のあたりの詰所(?)にいる方がパンフをくれて、懇切丁寧に説明してくれました。

クック矢沢匠守様[2011年02月20日]
山城だった本丸跡には10分ほど坂道登れば着きます、

クック矢沢匠守様[2011年01月15日]
伊藤家のかぶとや遺品が保存してあります

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore