桜尾城(さくらおじょう)

桜尾城の基本情報

通称・別名

東山城

所在地

広島県廿日市市桜尾本町(桂公園)

旧国名

安芸国

分類・構造

複郭式海城

天守構造

なし

築城主

藤原親実

築城年

承久3年(1221)

主な改修者

主な城主

藤原氏、友田興藤、桂元澄(毛利氏家臣)、穂井田元清(毛利氏家臣)

廃城年

慶長5年(1600)

遺構

消滅

指定文化財

市史跡(桜尾城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

池田城(広島県広島市)[3.5km]
草津城(広島県広島市)[5.9km]
宮尾城(広島県廿日市市)[6.6km]
水晶城(広島県広島市)[7.3km]
己斐古城(広島県広島市)[8.3km]

桜尾城の解説文

桜尾城(さくらおじょう)は安芸国佐伯郡廿日市にあった城。厳島神社で有名な宮島の対岸にあり、瀬戸内海に面した海城。
沿革
承久3年(1221年)の承久の乱の結果、中原親能の一族である藤原親実が新たな厳島神主となり桜尾城を築いた。しかし藤原親実は幕府の要人でもあり、厳島に下向して神職を務めることはなく、代官による支配であった。しかし時代が下り、幕政が混乱すると藤原氏が下向して桜尾城に入城し、直接支配するようになった。

室町時代には武田氏の武田信賢が厳島神主家の社領に侵入し、永享13年/嘉吉元年(1441年)には桜尾城も包囲されるに至ったが撃退した。その後は大内氏の傘下に入り、桜尾城も平穏であったが、戦国時代になると家督を巡って一族で争いが起き、長い内紛の結果、友田興藤が家督を継承し、桜尾城を新たな居城とした。その後、大内氏が家督に介入してきたため、興藤は尼子氏と通じて天文10年(1541年)に大内氏を離反したが、逆に大内義隆に攻撃され桜尾城は落城、興藤は自害した。友田興藤自害後は、大内家臣の佐伯景弘が新たな当主となった。

天文24年(1555年)の厳島の戦いの前哨戦で、桜尾城は毛利元就の支配下に入り、桂元澄が城主として入城、厳島の戦いでの後方支援を担った。戦いの後に自害した陶晴賢の首実検もこの城で行われた。その後も桜尾城は桂元澄の居城として続くが、元澄の死後、毛利元就の四男の穂井田元清に与えられ、その居城になる。天正14年(1586年)から豊臣秀吉が九州征伐を開始。翌年、豊臣秀吉が九州に向かう途中、桜尾城に立ち寄り、厳島神社を参詣している。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後、安芸国は福島正則の支配地となった。この時に桜尾城も存在価値を失い、廃城となった。
概要
複郭式の海城で、築城当時は三方を海に囲まれた海城であった。江戸時代までは、城跡はほとんど手付かずの状況であったが、近代になると埋め立て、造成などの開発にさらされ、最終的に城地は桂氏の末裔である桂太郎の寄附により桂公園として整備されたため、遺構は壊滅した。

桜尾城の口コミ情報

 marshal石見守様[2016年08月04日]
廿日市の山の尾根はなだらかに海に向かって下がって行く尾根
その尾根が七つあり七尾城と呼ばれた
親城の桜尾城 
支城の篠尾城・岩戸尾城・藤掛尾城・越峠尾城・宗高尾城・谷宗尾城 
有事の際、兵士団が親城を助けたと地元の飲み屋のおっちゃんが教えてくれた。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore