布市城(ぬのいちじょう)

布市城の基本情報

通称・別名

布市館

所在地

富山県富山市布市

旧国名

越中国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

桃井氏

築城年

康永3年〔北朝〕/興国5年〔南朝〕(1344)

主な改修者

主な城主

桃井氏、畠山氏、土方氏

廃城年

遺構

土塁

指定文化財

再建造物

周辺の城

太田本郷城(富山県富山市)[2.1km]
蜷川館(富山県富山市)[2.6km]
富山城(富山県富山市)[6.0km]
新庄城(富山県富山市)[6.7km]
大峪城(富山県富山市)[7.9km]

布市城の解説文

布市城(ぬのいちじょう)は、富山県富山市布市に在った城。

規模
富山市の中央部にあった大田保の南部に築かれた平城。布市は旧称「野の市」であり、飛騨街道と信濃往来が交差する交通の要地に市が立てられたことに由来する。

歴史
興国5年(1344年 )に越中守護となった桃井直常が築いたといい、周囲に桃井氏菩提寺の興国寺 や同氏祈願所の龍高寺、幕府が諸国に作らせた越中国安国寺 (廃寺)があった。桃井氏が越中を去った後、戦国期に畠山播磨守長光が入城したという(『月岡郷土史』)が、室町期の大田保は守護畠山氏と対立する管領細川家領であり、疑わしい。その後慶長5年(1600年)に土方雄久 が徳川家康 から布市以南一万石を与えられ、布市藩 が成立すると、その陣屋がおかれたという伝説もある。同藩廃藩とともに廃城となったとみられる。

現在
『蜷川の郷土史』によれば城跡は興国寺の北東に位置する水田内とし、現在は桃井氏被官の子孫という小柴氏の墓所がある。またこの水田内に明治22年まで毘沙門堂があった。この毘沙門堂へ土方雄久がたびたび参篭したと伝えている。

布市城の口コミ情報

仮面騎士左近衛中将 様[2010年10月30日]
本当は興国寺の裏の墓場に「らしき」モノはあるんだけど…さすがに墓場のはねぇ

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore