戦国世論調査

島津攻めを強行していたら…(2021/05/06)


島津勢は関ヶ原の戦場から辛くも離脱した。

関ヶ原の戦い後、西軍についた島津の粘り強い交渉に折れ本領安堵を認めた徳川家康。 では、関ヶ原後にもし島津攻めを強行していたら、どのような結果となったか?

[投票実施期間]2021年05月06日~2021年05月30日


1.鍋島・加藤ら九州東軍勢との戦いだけで決着がつき、島津はあっけなく降伏、減封となった。

11%

2.家康自ら九州入りし、後顧の憂いを断つべく、圧倒的な戦力で島津を滅亡に追い込んだ。

17%

3.島津の頑強な抵抗で戦線は膠着し、最終的には和議が結ばれ、史実通り本領は安堵された。

26%

4.島津に呼応し、同じ西軍の上杉・毛利・長宗我部らが蜂起して、天下に再び大乱が訪れた。

24%

5.度重なる戦役に辟易した東軍諸将の進言で、家康も征討を半ばで諦めざるを得なくなった。

18%

6.その他

1%
「ニッポン城めぐり」利用者のコメント

とうもろこし(4を選択)
戦いが終わらないと思う。

るっしー(1を選択)
加藤清正と立花宗茂という猛将が黒田軍にいるので流石の島津でも勝てないと思うので島津は多分上杉景勝や毛利輝元と同じ運命になるでしょう

淡輪 ロクロ兵衛(5を選択)
でも東軍有利の条件で和睦、島津の領地は削減、では。

俊寛僧都隼人正(5を選択)
鹿児島県人なので、滅亡は避けて欲しい。

かみゅ〜(4を選択)
島津が強かったこと,負けたとはいえ西軍の武将も力を残していたこと,行軍するには距離がありすぎること等,家康が交渉に持ち込んだことにはそれなりに理由があり,むやみに攻勢に出られなかったのだと思います。

fenrir大宰大弐(6を選択)
秀吉のように派手にできずグダグダになり、そんな時に家康がコロッと死んだら面白いのに

治部少輔103系(5を選択)
恩賞の所領が期待できなければ、誰も働きません。

甑岩治部卿正頼(2を選択)
滅亡かどうかはともかく薩摩は天領になったかも。その後の方が気になります。徳川による琉球侵攻はあるのか、否か?どんな琉球支配するのか?日本だけでなくアジア史が変わってたかも?想像すると面白い。

ニ條右馬允松風(1を選択)
黒田官兵衛が天下取りの為、九州平定を進めていたと思うが、東軍勝利後はその力をそのまま家康に預けて、場合によっては自ら島津討伐を進言したかもと思う。

須岐山甲斐守一茂(1を選択)
九州には加藤清正など在国の大名そして龍造寺(鍋島)や秋月・相良など寝返った大名が多く、プラス黒田如水が大軍を編成して動き回っていたので、早く決着した可能性は強いと思う。

藤原安房守重良(4を選択)
黒田如水が東軍西軍の九州諸将をまとめあげ‥、あんなにあっさり徳川家康の天下にはならなかったかも。

異邦人 摂津守 兵庫允(4を選択)
戦さ、それ自体が下策。
関ヶ原は半日で決着したのだから深追いの戦線拡大は下策中の下策。

討つなら東軍の陣営を強行突破される前に、先手の速攻のみ。

一橋伊勢守三郎(5を選択)
3と5の選択肢は同じことを言っているような…

1,2はありえないし、島津が善戦したところでこの時点の豊臣が乗っかってくることはないと思うので、上杉、毛利が蜂起することもない。

へこ(6を選択)
家康が心労で早死して天下たいらん。

青獅子勘解由長官景虎(3を選択)
島津はもちろん抵抗、朝鮮出陣大名等は島津義弘を本気で敵だと思ってない → 島津討伐の雰囲気が生まれない → 家康が折れる……なので、3を選びましたが、3と5の合わせ技…だと思います。

しのび(4を選択)
島津が劣勢ながら奮戦しているところに、家康にどれかの大名が襲ったらと想像するとおもしろいかなぁ

ニコ兄(2を選択)
徳川の威信を高める時期なので、オーバーキルを狙うとおもう。

佐竹常陸介鬼いわちん(4を選択)
ないとは思うが、こうなったら面白いかなあ希望ですね

ʚ♡ɞ上総介麿ʕ•ﻌ•ʔฅ(1を選択)
家康自ら九州入りし、他の東軍諸将を糾合し、島津はあっけなく降伏、減封となった。

iCastle周防守 6s(3を選択)
連戦が続いていること、毛利をはじめ余力を残した西軍勢がいること、黒田官兵衛が独自参戦していたことなどを考えると、島津征伐は一筋縄ではいかないと思う。ただ、リーダー不在なので西軍再蜂起には至らないかと。

わだち(6を選択)
2に近いですが、家康自ら出陣して島津家が滅ぶことないが史実よりも相当な減封。
ただし徳川家も弱体してしまい、幕末も違った結果になっていた。

teentown三河守jp(3を選択)
歴史は、落ち着くべきところに落ち着くのではないかと。

キングサーモン左兵衛尉(4を選択)
島津が本領安堵で済んだのは、地理的にも攻略が困難と判断したから。もし島津討伐になれば、改易、減封された大名が島津側に呼応し、復権を目指すことが懸念されたから

尾張刑部丞たかふみ(2を選択)
人は強きに流れるもの
孤立無援となり壊滅したでしょう

アラン近江守ポー(5を選択)
まだ、豊臣も毛利も健在の状態で九州攻めは諦めたと思う

よだゆう三河守(2を選択)
島津攻めは家康の天下統一に不要であったのでやらなかっただけ。
島津も本領安堵されたけど、その後は度重なるお手伝い普請で苦しみ、密貿易をやらなかったら、借金で潰れていたかもね。

シゲ大蔵卿豊右衛門(4を選択)
幕府は、開府しなかったと思う

やしち兵部丞(4を選択)
4が願望だが、実際になったら1かなー?
豊久も亡くなってるし、、、

かずん安房守信繁(4を選択)
豊臣秀頼がおり、東西陣営のバランスも微妙で
このタイミングでのゴリ押しは、不平不満を生み、再び混乱した東西対決に広がったのではと考えます。
その意味では、そうなる前に5の選択もあり得るところです。

ぶらなおき(5を選択)
軍資金は使い過ぎてるし、西軍大名の主力軍は、温存されてるし、止められる前に家康自らやらないでしょ!

伊達政雪之丞(3を選択)
もし薩摩に戻った島津攻めをしたとしても失敗に終わったと思う。島津勢はほとんど無傷で戦場を離脱したのだから、その読みの速さには驚かされる。初戦で西軍の敗戦が分かってしまったのだろう。

もっくん3号(2を選択)
黒田官兵衛の動きが鍵ですが

かなり筑前守(4を選択)
まずは天下は定まって間もない状況。折り紙付きの島津は鉄砲隊を編成し他の大名より戦略は優れていたし、薩摩内では兵隊の数だけで決まらない要素がある。地理的に近い毛利は必ず抵抗する。

島左近公ノ助左衛門佐(4を選択)
こうなると面白いなー

Wisteria(5を選択)
先鋒は、加藤に黒田だろうが、本気の戦には、ならない。膠着したところで、細川、福島辺りが仲介する。

K910大膳大夫軽虎兵(4を選択)
豊臣家も健在で、朝廷も含めてリスクが高い。
黒田も怪しさ抜群やし。
浪人衆も不穏。
恩顧の大名も切り崩されかねない。
僻地の征討は難しい。

白まこ尾張守青龍(6を選択)
概ね4番だが、伊達・黒田も東軍に居続けるとは思い難い。そうこうするうちに家康が寝込む或いは他界し、最終的に東西南北&四国の5郡くらいに落ち着くのかと思う。

ダンディコバ(4を選択)
泰平の世を実現する事が最終目的。
大乱は避けたかったと推測します。

明智光秀の敵打ち(4を選択)
島津は強いからなー

knights34治部少輔(4を選択)
ロマンがあるからその方が良い。

細川大蔵卿元氏(3を選択)
島津はたとえ戦いになっても、負けない自信が有ったから、交渉した訳だし、家康もデメリットを考えて、所領を安堵した訳だから、史実通りになったと思います。

頑張れアマビヱ888(3を選択)
土壇場の島津魂を観たいね!(^-^)
家康恐るるに足らず!!

高取宮内丞(5を選択)
島津は、朝鮮と貿易して有効的だが文禄・慶長の役などから 徳川家康には朝鮮を敵対視していたと思う。
朝鮮攻略のためにも島津を潰すのでは無く取り込む作を取ったと思います。

誠之亮図書頭(5を選択)
島津好きなので…。
ま、実際は三成不在で日和見武将の多い中、家康も無理はしなかった筈!

椎葉谷民部丞光信(3を選択)
やはり薩摩は遠く、守る側には地の利もありましょう。
しかしこの和議がいずれ討幕に繋がるのですね。

出羽守たか丸(6を選択)
黒田官兵衛と島津、毛利による連合軍が立ち上がり、西の関ヶ原が勃発、辛うじて平定するも徳川の力は弱められた

左京大夫(2を選択)
2を選択。島津は改易になっても、琉球貿易に支障をきたし、結果、幕府の財政危機を招き、江戸幕府はもっと不安定な状況になっていたのではないかと予想します。

弾正忠ひろし(2を選択)
やると決めたら徹底してやったと思いますがそれに掛かる時間、費用、これからやらねばいけない事、自分の年齢などを考慮して決断したのでしょう

佐藤大学允鏡心(3を選択)
薩摩隼人は最強でしょう。

科葉弾正少弼師朝(4を選択)
時期によるけど下手すると黒田如水や加藤清正が島津に着いて九州連合で家康を討つかも。

312 件中 1~50 件目を表示中

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore

第5回 ジャパン・ツーリズム・アワード