佐敷東の城

佐敷東の城([佐敷城  周辺城郭])

佐敷城 に投稿された周辺スポット(カテゴリー:周辺城郭)、「佐敷東の城」の地図・口コミがご覧頂けます。

「ニッポン城めぐり」アプリでは、スタンプラリースポットとなっている3,000城それぞれの地図に、周辺城郭や史跡など、様々な関連スポットを自由に追加できます。

佐敷東の城の口コミ情報

2022年07月27日 内記かずりヾ(・ε・。)


※肥後とそこにお住まいの方に感謝を込めて…

佐敷東の城は佐敷城の東方約1.3km、佐敷川北岸(右岸)、標高160mの山塊山頂に主郭が存します。南麓の熊本県道27号線、芦北球磨線からの比高は150m位でしょか。

行き方はGoogleマップに位置登録されているのでダイレクト設定して下さい。取り付き箇所は複数あるようですが、佐敷城のリア攻めマップには「佐敷東の城入口」のスポット登録があり、自分も此処から登城しました。城友さんありがちょです。が、登城路は崩れ易い上に途中から道形を失いつつあるので、これを無視して尾根稜線上まで直接登ってしまった方が楽だし距離も近いと思われます。

築城年代は享禄三年(西暦1530年)頃、築城者は相良氏です。葦北郡葦北庄の内、佐敷の地は文保二年(西暦1318年)七月五日の執権北条高時書状に「肥後国葦北庄佐敷、久多良木両浦事」と見え、北条得宗被官の長崎治部左衛門尉宗行に安堵されています。鎌倉時代に肥後国南部は得宗の支配領域だった訳だ。領主の交替が激しい同地ですが、室町時代後期には相良氏の支配が及び、長禄四年(西暦1460年)には肥後守護の菊池氏から葦北郡の領有を認める安堵状を取り付けたが安定せず、戦国時代には島津氏の北上によって相良氏はこれに従う事となり、相良義陽は「佐敷、湯之浦、津奈きの城合わせて三城」を同氏に差し出しています。

お城は大変素晴らしい、感動しやした。少々の改変もあるみたいですが、主郭から派生する各尾根に設けられた連続する堀切+竪堀には誰でも興奮する事間違い無し。中でも箱堀状の堀切なんてそう簡単に拝めるもんじゃない。謎なのは主郭北西側の広めの削平地等の存在で何となく根古屋の雰囲気、石積みなんかも確認出来ます。その先に守る意識は希薄だがお城はそれなりの縄張を持っており佐敷支配における拠点城として機能していた事は疑い無いでしょう。

島津氏の支配領域に組み込まれた佐敷は同時に肥前経略の重要拠点として、陸路、海路の交通の要衝として機能しました。上井覚兼日記には当地の記述が繁出します。天正十二年(西暦1584年)二月二十六日には有馬氏攻略の拠点となった事から、同年三月二十四日に発生した沖田畷の戦いにおける薩摩勢は佐敷から出帆した事は間違い無いでしょう。佐敷の衆は参陣した八代地頭、平田光宗に預けられていました。

2021年05月09日 一寸榎肥後守


佐敷東の城は佐敷城の東1.3㎞の標高160㍍の城山(じょうやま)にあります。
地元の方は清正が築城しした佐敷城の山を"しろやま" 相良氏が築いたこの城を"じょうやま"と呼んでいるそうです。

標高160㍍の山頂に本丸があり北西に延びる尾根上に二の丸、三の丸と郭があります。

本丸からは南、南西、北東側にも尾根がのびており北東側の尾根はさらに2つに分かれておりその全てが二重もしくは三重の堀切で切られており、北東の尾根には四条程の畝竪も残っております。特に北東尾根の堀切から落ちる竪堀は必見です。

本丸北側の郭には一部石垣も。

登城路を登り城内の尾根に出ると左手が三の丸、右手が二の丸、本丸となり本丸の小社右側の虎口を下りると北東側郭(熊本県の中世城郭の縄張り図には描いてない)へと続く道となります。

佐敷城の石垣の近世城郭と東の城の中世山城、セットで是非見学してみて下さい。


「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore