名和長年戦没遺跡

名和長年戦没遺跡([聚楽第  寺社・史跡])

聚楽第 に投稿された周辺スポット(カテゴリー:寺社・史跡)、「名和長年戦没遺跡」の地図・口コミがご覧頂けます。

「ニッポン城めぐり」アプリでは、スタンプラリースポットとなっている3,000城それぞれの地図に、周辺城郭や史跡など、様々な関連スポットを自由に追加できます。

名和長年戦没遺跡の口コミ情報

2021年09月20日 大納言Z大納言369


まず、この場所は平安時代の「一条院跡」と呼ばれていた場所で、あの紫式部が、藤原道長の娘彰子に仕えていた時の里内裏跡です。

その後、建武2年(1335)、足利尊氏が後醍醐天皇に反旗を翻したので、命を受けた名和長年と楠木正成と新田義貞が尊氏と戦い、一度は破りますが、再度尊氏が京に攻め上った時に、ここで防戦し討ち死にしたと伝えられています。

現在は公園になっていますが、太平洋戦争が終わるまではこの場所に宮が置かれていて、一般人は立ち入り禁止だったようです。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore