吉藤城

吉藤城([加賀野井城  周辺城郭])

加賀野井城 に投稿された周辺スポット(カテゴリー:周辺城郭)、「吉藤城」の地図・口コミがご覧頂けます。

「ニッポン城めぐり」アプリでは、スタンプラリースポットとなっている3,000城それぞれの地図に、周辺城郭や史跡など、様々な関連スポットを自由に追加できます。

吉藤城の口コミ情報

2022年01月07日 ▷☽◁猫耳萌え▷☾◁


吉藤城は、戦国時代、織田信雄(信長の次男 1558〜1630)に仕えた、遠藤三郎右衛門の居城であった。
寛文年間(1661〜1673)に出来た、尾張一国の村勢一覧である『寛文村々覚書』には、城跡が「壱反弐畝拾弐歩」すなわち、三百七十二坪(約1230平方メートル)で、遠藤右衛門の居城であったが、今は田畑になり、百年ばかり前に、濃州板倉へ移ったとある。
また、天保年間(1830〜1844)に編集された、尾張藩の地誌『尾張志』には、妙興寺領にある、嘉吉三年(1443)十月二十六日付の請文に「妙興寺領阿古江野内同開発代官職の遠藤三郎宗次」とあるのは、遠藤三郎右衛門の先祖であるとしている。
そのほか、不破文書によると、天正十二年(1584)の小牧・長久手の戦いの際には、織田信雄が吉藤城に、織田長益(信長の弟、有楽斎如庵)・滝川雄利・飯田半兵衛を派遣して、警固を強化したという。
              説明板より
城跡には、石碑と説明板があるが、遺構等は残っていない。
工業団地の東側にあり、近年周辺の田畑が埋められており、遺構は無いがちょっと心配です。

2021年12月18日 【城郭道】尾張守たっきー


織田信雄の家臣遠藤三郎右衛門の居城という。天正12年(1584)の小牧長久手合戦では、吉藤城に織田長益(有楽斎)・滝川雄利・飯田半兵衛を置いて備えていたという。廃城時期は不明。

現在、遺構は存在せず水田と化し、石碑と説明板が建つ。

2020年08月12日 やすBJ


織田信雄に仕えた遠藤三郎右衛門の居城。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore