松ノ木城

松ノ木城([福束城  周辺城郭])

福束城 に投稿された周辺スポット(カテゴリー:周辺城郭)、「松ノ木城」の地図・口コミがご覧頂けます。

「ニッポン城めぐり」アプリでは、スタンプラリースポットとなっている3,000城それぞれの地図に、周辺城郭や史跡など、様々な関連スポットを自由に追加できます。

松ノ木城の口コミ情報

2021年09月07日 ▷☽◁猫耳萌え▷☾◁


築城時期は不明。 別名 美濃高松城

戦国期には、織田信長に仕えていた、吉村兵庫頭・同又吉郎安実が居城としていたが、信長の没後は、その次男である織田信雄に仕えた。しかし、信雄が改易されると、吉村氏は徳川氏に従って関東へ移った。
天正11年(1583)の賤ヶ岳合戦後、豊臣秀吉の家臣 徳永寿昌が尾張 丹羽郡・美濃 松木氏 島内を与えられ居城とした。
秀吉没後、寿昌は井伊直政の招きによって、徳川家康に仕え、慶長5年(1600)の関ヶ原合戦が起ると、福島正則に属して、今尾城主 市橋長勝とともに高須城主 高木盛兼・福束城主 丸毛兼利らの石田三成軍と対峙し、福束城・高須城を攻め落とした。
戦後、徳永寿昌は戦功により2万石を加増され、5万余石を領し、その後、居城を松ノ木城から高須城へ移し、廃城となったと思われる。

城跡の位置は正確には、分かっていないが、推定地の一つとして、松ノ木公園西側の御霊神社一帯に築かれていたと云われています。
神社北側辺りに、空堀跡ぽい?窪地がありますが、写真では分からない。
神社の参道に車止めが並んでいるので、数台駐車てきます。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore