駒野城

駒野城([高須城  周辺城郭])

高須城 に投稿された周辺スポット(カテゴリー:周辺城郭)、「駒野城」の地図・口コミがご覧頂けます。

「ニッポン城めぐり」アプリでは、スタンプラリースポットとなっている3,000城それぞれの地図に、周辺城郭や史跡など、様々な関連スポットを自由に追加できます。

駒野城の口コミ情報

2021年09月02日 ▷☽◁猫耳萌え▷☾◁
駒野城  海津市指定史跡
正暦年間(990〜994)船岡山と称されていた。

この小丘に初めて城を構えたのは、瀬戸道明寺であったと伝えられる。文治・建久年間には、守護職 土岐氏が城を築き守将を置いた。

承久年間 伊藤裕朝が守将となり、十二代 裕長に至り、天文十六年滅亡した。その後は、斎藤道三の客分 高木彦左衛門が居城していた。

織田信長が領国巡視を行った時、駒野城に入ったとも言う。信長没後、信雄方についた駒野城の高木貞利と、その一族は天正十二年(1584)秀吉方の筒井順慶らと戦って、これを退却させた。

その後、秀吉の天下となった為、高木氏は開城し一族は離散した。慶長五年(1600)石田三成が、南濃を巡察した時、桑名から大垣への守りの為に、塁壁を構えさせたと云われる。

関ヶ原戦後、駒野城は廃城となり、高須藩 松平氏の所領となったが、明治三十五年 城山小学校校地として寄付された。

説明板より

海津市のHPには、本丸曲輪とそれを取り巻く土塁、ニの曲輪の一部が確認出来るとありますが、小学校の敷地の為、校門の少し奥に設置された説明板を確認して、撤収しました。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore