小牧御殿

小牧御殿([小牧山城  周辺城郭])

小牧山城 に投稿された周辺スポット(カテゴリー:周辺城郭)、「小牧御殿」の地図・口コミがご覧頂けます。

「ニッポン城めぐり」アプリでは、スタンプラリースポットとなっている3,000城それぞれの地図に、周辺城郭や史跡など、様々な関連スポットを自由に追加できます。

小牧御殿の口コミ情報

2021年10月22日 ▷☽◁猫耳萌え▷☾◁


小牧御殿趾、現在は民家や道路となって、その面影を偲ぶものは、残っていません。
尾張藩の御殿は、江戸時代初期、佐屋・津島・熱田なと、十四ヶ所に設けられました。小牧御殿は、寛永二年(1625)に江崎善左衛門の蟹清水屋敷に、初代尾張藩主 徳川義直が鷹狩りの折りに訪れ、北西に小牧山を望む景観と、蟹清水の庭園が気に入り、御殿にしたと言います。
以降、義直の別荘として、通行や鷹狩りの際に、宿泊や休憩所として使われ、普段は、江崎氏が御殿守として管理していました。
御殿の敷地は、四十六間✕五十一間(約2350坪)で十畳以上の部屋が十もありました。

蟹清水砦跡の石碑の北側、道路を挟んだ御殿龍神の片隅に小牧御殿の石碑があります。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore