石碑『小牧山』と説明板

石碑『小牧山』と説明板([小牧山城  碑・説明板])

小牧山城 に投稿された周辺スポット(カテゴリー:碑・説明板)、「石碑『小牧山』と説明板」の地図・口コミがご覧頂けます。

「ニッポン城めぐり」アプリでは、スタンプラリースポットとなっている3,000城それぞれの地図に、周辺城郭や史跡など、様々な関連スポットを自由に追加できます。

石碑『小牧山』と説明板の口コミ情報

2022年01月29日 ▷☽◁猫耳萌え▷☾◁


江戸時代初期に描かれた、春日井郡小牧村古城絵図によれば、この辺りの小牧山の南東符もは二重の土塁の間に堀が配置されて、外敵の侵入を防ぐようになっていました。
現在右側に見える堤防のような土の盛り上がりが、土塁で堀を掘った土を積み上げたもので、天正十二年(1584)の小牧・長久手の合戦の
時に、徳川家康の軍勢が築いたものです。
正面の低い部分が堀ですが、堀は左側の県道の下まで伸びていて、幅12㍍程だったものと推定しています。堀の底は平坦で、道のようになっていました。内側の土塁との比高は5㍍を超えますが、整備にあたっては、排水の関係上、本来より1㍍程浅くしています。堀は、水を貯めない空堀でした。堀のさらに左側には、内側の土塁よりも低い外側の土塁がありましたが、これは江戸時代のうちに削られなくなりました。
底が平坦で幅の広い堀に外側の土塁があることにより、堀を通路のように使用して多数の軍勢を移動させることが、出来たのではないかとも言われています。
説明板より

史跡公園南口の西側にひっそりと、空堀があります。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore