住吉要害

住吉要害([高麗山城  周辺城郭])

高麗山城 に投稿された周辺スポット(カテゴリー:周辺城郭)、「住吉要害」の地図・口コミがご覧頂けます。

「ニッポン城めぐり」アプリでは、スタンプラリースポットとなっている3,000城それぞれの地図に、周辺城郭や史跡など、様々な関連スポットを自由に追加できます。

住吉要害の口コミ情報

2023年10月15日 国府岩代守城介


伊勢宗瑞の相模における戦略拠点

【歴史】
永正7年(1510)に、伊勢宗瑞が扇谷上杉氏との戦いのために築いた。
同年、伊勢宗瑞は権現山城の上田政盛を調略するが、山内上杉氏の助力を得た扇谷上杉氏の反撃をくらい、権現山城は落城する。更に扇谷上杉氏に属する三浦義同(道寸)によって、住吉要害は落城し、三浦勢が小田原城へと迫ることとなった。

曾我十郎祐成の愛人である虎御前の庵跡があるため、彼女の父親の館との伝承も残る。

別名:住吉古要害、山下長者屋敷

【遺構】
高麗山城の北西1.1kmに位置する平城。
本来は南東部が大きく突出した形状で土塁と空堀が全周していたとみられているが、住宅開発が進み、土塁や空堀が点在する状態となっている。
残存する土塁も3m近くの高さがあり、西南部にある空堀は5mほどの幅がある。
なお、遺構のほとんどが個人宅の敷地内にあるため、道路からしか確認できない。

また、城の東側には虎御前(虎女)の庵跡がある。

【感想】
かつては曾我物語に登場する虎御前の父親の屋敷である「山下長者屋敷」として認識されているが、現在は伊勢宗瑞が築城した城として認識されおり、近くの高麗山城や王城山城と連携した城と考えられています。ただ、住吉要害は平場にあるため、非常時には高麗山城が詰の城としての役割を担っていると思われます。

情報の通り、道路からしか遺構が確認することが出来ず、実際の姿は想像するしかないですが、東南部の土塁の高さには驚きます。また、住宅開発のため、土塁が壊されていますが、土塁の形状を確認することもできます。
一方で、空堀の部分は竹藪で完全に埋もれており、隙間から覗く位でしか確認ができません。しかし、傍から見ていると、住宅街で竹藪の中を覗いている不審な人間でしかないですね(笑)

住吉要害単独で訪れるより、高麗山城や王城山城とセットで訪問するといいと思います。

【アクセス】
①高麗山城の麓の高来神社から徒歩25分。
②平塚駅からバスで下方田で下車し、徒歩3分。

【写真】
①東南部の土塁
②東南部の土塁(断面)
③説明版(山下長者屋敷)
④東部の空堀跡?
⑤西南部の空堀(竹藪内)
⑥西南部の土塁(奥)と空堀(手前の竹藪)
⑦虎御前の庵跡

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore