小山田城

小山田城([小野路城  周辺城郭])

小野路城 に投稿された周辺スポット(カテゴリー:周辺城郭)、「小山田城」の地図・口コミがご覧頂けます。

「ニッポン城めぐり」アプリでは、スタンプラリースポットとなっている3,000城それぞれの地図に、周辺城郭や史跡など、様々な関連スポットを自由に追加できます。

小山田城の口コミ情報

2020年11月25日 いれぶん武蔵守


昭和40年代の城趾書籍によると当時は門型の形状(上空から見て)なのですが、なんらかの事情で左手が紛失し山道が途切れています。ですが主郭部分は健在で御住職の許可が得られれば見学できます。その昔、無断で花火等の火気持込があり、関係者以外立入禁止なのだそうです。中はとてもよく整備されていて、無数に立ち並ぶ羅漢様が二の丸・本丸等に案内してくれます。町田市では必見の山城だと思います

2020年11月21日 甲斐守ヨッシー❖津久井衆❖


大泉寺参道より入いると、大泉寺会館横に駐車場があるので停めさせて頂きました!山門の左に土塁上の台地があり、大泉寺本堂の左に城址碑と「小山田高家公顕彰碑」が建てられている!
★歴史
承安元年(1171年)小山田有重によって築かれた。 小山田氏は桓武平氏で、秩父重弘の次男有重が小山田荘に住んで小山田氏を名乗ったことに始まる。
有重の長男稲毛重成は同族の畠山重忠と争って、重忠を諌言した。この結果重忠は相模国二俣川で討死し、元久2年(1205年)この諌言が重成の虚言であったことが発覚して、重成も誅殺され小山田一族は離散した。
甲斐国都留郡の小山田氏は、この小山田重成の弟行重(一説に行平)の末裔といわれる。
城跡は、大泉寺の北側にある丘に築かれており、寺の西側から登れるように紐がぶら下げられているのだが、壇家以外は立入禁止の看板が掲げられており、立ち入ることができない。
追記
めぐら〜様から伝言で情報を頂戴しました、御住職にお願いしたら本堂に向かって右手からの登城路から、城郭部を見学させて頂けるとの事でした!

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore