羽賀城

羽賀城([江戸崎城  周辺城郭])

江戸崎城 に投稿された周辺スポット(カテゴリー:周辺城郭)、「羽賀城」の地図・口コミがご覧頂けます。

「ニッポン城めぐり」アプリでは、スタンプラリースポットとなっている3,000城それぞれの地図に、周辺城郭や史跡など、様々な関連スポットを自由に追加できます。

羽賀城の口コミ情報

2022年01月14日 昌幸太政大臣山陰の麒麟親父


小野川流域の沖積低地を眼下に臨む、半島状台地に築かれた羽賀城。
いつ誰によって築かれたかは定かでないが、最後は常陸土岐氏の重臣であった臼田氏の居城となり、七代目の臼田左衛門尉の時、天正18年 (1590)の小田原合戦を迎え廃城となった。戦後、臼田氏は、主家が没落するなか、土着・帰農の道を歩んだ。(ちなみに臼田氏は信濃の豪族滋野氏の流れを汲んでいる。真田氏と同族)

城は、比高差約12~19mの台地上を要害とし、麓を居住空間(根古屋の地名が残る)とする二元構造となっている。

各郭に祠があり、外郭にあたる部分にもニ寺一社があります。当時から現在に至るまで羽賀に住む方々の拠り所になっているのだとひしひしと感じました。こうゆうお城はいいですね。

※車は羽賀公民館に停めました。そこから徒歩で5分で城跡に着きます。

【写真の説明】
①羽賀城全景。麓は根古屋。
②Ⅲ郭-Ⅳ郭間の堀跡。
③腰郭よりⅢ郭を見る。
④II郭とⅢ郭に挟まれた低地より見上げる。ここで攻め手を殲滅か?
⑤II郭虎口前、馬出しと思われる削平地。
⑥I郭-II郭間の土橋。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore