勝連城(かつれんじょう)

勝連城 投稿者:遠江守ボン

城郭基本情報

名称(よみ) 勝連城(かつれんじょう)
通称・別名 勝連グスク
所在地 沖縄県うるま市勝連南風原1710
地図 マップ周辺の城NaviCon
問い合わせ うるま市役所[電話
分類・構造 平山城
天守構造 なし
築城主 茂知附按司?
築城年 13〜14世紀
主な城主 茂知附按司、阿麻和利
廃城年 長禄2年(1458)
遺構 曲輪、石垣、井戸、拝所
指定文化財 国史跡(勝連城跡)、世界遺産(琉球王国のグスク及び関連遺産群)
再建建造物 石碑、説明板

100名城スタンプ情報

番号・名称 (続)200 勝連城
設置場所 勝連城跡休憩所[地図
関連施設1 勝連城跡休憩所[電話
 住所 沖縄県うるま市勝連南風原3908
 営業時間 9:00〜18:00
 休業日 なし

城郭口コミ


2018/12/23 00:11
Marky
先月登城したとき、城跡の脇を通る道路との間を工事しているのを見たのですが、本日のお城EXPOで勝連城のブースのスタッフに有料化の際のゲート設置工事を行っていると聞き合点がいきました。ということで数年後に勝連城見学は有料になります。

2018/06/21 18:10
後中城按司 知名朝安
一般的に1458年の、護佐丸、阿麻和利の乱の後に廃城になったと思われていますが、どうやら、その後も現役の城だった様です。最近の発掘調査の結果、ローマ帝国時代の貨幣と、オスマントルコ帝国の貨幣が、出土しています。ローマ帝国時代の貨幣は、浜川按司から阿麻和利の時代に、東南アジア方面との交易で、持ち込まれた様ですが、オスマントルコ帝国の貨幣は、第二尚氏時代の17世紀から18世紀にかけて、オスマントルコ帝国で、流通していた物だと言う事です。17世紀は、1600年代ですし、18世紀は、1700年代ですから、1458年に廃城になっていた城から、発掘されたと言う事は、少なくとも1700年代迄、現役の城だった…

2018/06/20 15:48
後中城按司 知名朝安
尚泰久王が、百十踏登を阿麻和利に降嫁させたのは、政略結婚によって阿麻和利の謀叛を防ごうとした為です。

2018/06/20 15:08
後中城按司 知名朝安
失礼しました。護佐はの代わりに→護佐丸の代わりに、です。

2018/06/20 15:06
後中城按司 知名朝安
結局、尚巴志の不安は的中しました。尚巴志の死後、19年経った1458年に阿麻和利は、護佐丸、阿麻和利の乱で天下を盗ろうしました。それだけ警戒していた阿麻和利を、自ら滅ぼさなかったのは、阿麻和利が表向きは、尚巴志への忠誠を誓って、今帰仁城攻略と南山城攻略に従軍したからです。

城郭攻略情報


2018/05/22 19:47
伊賀守、冬も戦国浪漫を..
バス停@勝連城跡前にて、丘に聳え立つ勝連城跡を見上げて...攻略(^^)人(^^)

2016/02/08 12:52
夢見心地な征夷大将軍クララ姫
説明無用!勝連城にて攻略。行ってください。(Android)

2015/03/20 13:54
井伊兵部少輔直政
勝連城跡休憩所にて攻略(iPhone)

2013/12/12 17:40
芦屋兵庫頭虎吉
うるま市平良川交差点で攻略(Android)

城主争い

来月度の城主争い戦況

 1位 つばみ21

 2位 グレート・ザ・歌舞伎17

 3位 zard4

気に入った!しました