戦国世論調査

あなたが最も影響を受けた歴史小説は?(2021/09/08)


「歴史小説」は、史実をベースとした文学で、歴史に興味を持つきっかけとなることも多い。では、あなたがこれまでに最も影響を受けたは歴史小説は?(選択肢はなくすべて自由記入です)

[投票実施期間]2021年09月08日~2021年10月04日


1.自由記入(例:「国盗り物語」、「功名が辻」など)

100%
「ニッポン城めぐり」利用者のコメント

三銃士(1を選択)
真田太平記

はるはる玄蕃助(1を選択)
竜馬が行く

海の民(1を選択)
「坂の上の雲」

悪源太右兵衛佐喜一郎(1を選択)
新史太閤紀 ついつい出て来る登場人物一人一人に興味が湧きのめり込んでしまいました。

ロードフラッグ(1を選択)
真田太平記

東広(1を選択)
戦国合戦論 武岡淳彦

さも(1を選択)
吉原御免状

マエストロ(1を選択)
燃えよ剣

sdkn(1を選択)
新田次郎の武田信玄

だいこん(1を選択)
燃えよ剣

釆女佑雅中納言(1を選択)
坂の上の雲

ぶらっくさん(1を選択)
童門冬二 上杉鷹山 少しでも上に立つ人の全てに役立つ。そして泣く

八幡太郎義家(1を選択)
吉川英治「三国志」

ちろりあん(1を選択)

ゆきむら(1を選択)
真田太平記です。

鼓舞兵部卿勘助(1を選択)
村上海賊の娘(和田竜)です。
すぐさま愛媛県へ城巡りに行きました。

すっとこ織部正先生(1を選択)
宮城谷昌光「新三河物語」「風は山河より」
特に「風は山河より」で初めて菅沼定盈の事を知りましたが、綿密な取材のリアリティと、フィクションの融合が素晴らしい作品でした

のんぱぱ淡路守(1を選択)
徳川家康

伊藤重兵衛(1を選択)
池宮 彰一郎の「島津奔る」です。大河ドラマにして欲しいぐらい読みごたえのある作品だと思います。

旅人ペンギン(1を選択)
「風来忍法帖」かなぁ。
忍法帖が歴史小説でないなら、
「刀伊入冠」です。

たくぼん(1を選択)
国盗り物語

駿河守月右衛門(1を選択)
島津奔る

ミヅチ(1を選択)
天海譚戦川中島異聞 天佑、我にあり

玄蕃助KENICHI(1を選択)
蒼き狼と白き牝鹿

式部大輔洋盛(1を選択)
燃えよ剣

ゆんたのすけ(1を選択)
独眼竜政宗

左近衛中将ぶぶ之助(1を選択)
群雲、関ヶ原へ

ポップフライ(1を選択)
三国志

広葉の花簪(1を選択)
やっぱり私は、司馬遼太郎先生の「龍馬がゆく」ですね〜。幼い頃は文字だらけでポイってしてしまったんですが、中学の時にものすごくハマって、穴があく程読んだ記憶があります…

ひる(1を選択)
墨攻

雅楽頭おーにゃん(1を選択)
功名が辻

りり(1を選択)
真田太平記

みち(1を選択)
「下天は夢か」を、社会人になりたての頃、夢中で読みました。

宮島(1を選択)
93歳の関ヶ原

いぶぷき(1を選択)
山岡荘八『徳川家康』

えいぢん(1を選択)
播磨灘物語

こがやし(1を選択)
池宮彰一郎の『高杉晋作』です

曲輪飛騨守削平(1を選択)
歴史小説、社会人になってからは読んでません。一つ上げるなら陳舜臣「小説十八史略」です。権謀術数の中国の歴史を(南宋が滅ぼされるまで)さらっと読む事が出来ます。世の中に対する見方も大きく変わりました。

第六傾奇王右近衛中将紋次郎(1を選択)
ベタですが、国盗り物語です。

やす(1を選択)
竜馬がゆく

黒猫くん上総介(1を選択)
山岡荘八「伊達政宗」。初めての戦国時代小説

政宗(1を選択)
信長公記

右近将監あおあか(1を選択)
竜馬が行く
三國志(吉川英治)
壬生義士伝
項羽と劉邦

基本的すぎるかなぁ……w

呉竹(1を選択)
独眼竜政宗

金鯱(1を選択)
功名が辻

浮線蝶 備中守(1を選択)
「関ヶ原」、「燃えよ剣」

じゅんち(1を選択)
龍馬が行く

とも図書允とも(1を選択)
戦国姫-茶々の物語-

おしの民部大輔(1を選択)
播磨灘物語 
ちょうどNHK大河ドラマが黒田官兵衛のとき、興味本位で一巻読んでみようと思ったらそこからどハマり、いろんな歴史小説を読み漁ることに。私の戦国好きはこの本から始まりました

シロ(1を選択)
真田太平記

2972 件中 351~400 件目を表示中

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore

第5回 ジャパン・ツーリズム・アワード