戦国世論調査

松永久秀謀叛の真相は?(2019/10/15)


松永久秀錦絵(部分、東京都立図書館蔵)

織田信長に対して二度も反旗を翻し、最期は居城を攻められ敗死した松永久秀。 信長も理由を問い質したほどこの謀叛には謎が多いが、あなたの考える直接的な理由とは!?

[投票実施期間]2019年10月15日~2019年11月03日


1.低い身分から成り上がり大和を領するまでに栄達し、天下獲りへの野心が芽生えてきたため。

6%

2.決して信長に心服していたわけではなく、隙があればこれを討ち果たそうと狙っていたため。

44%

3.信長に臣従したものの会ってみると自分と似た性格の持ち主で、反りが合わなかったため。

13%

4.他の家臣の出世や冷徹な信長の性格を見るにつけ、将来の家中での立場に不安を感じたため。

20%

5.かつて大和を争った筒井順慶が次第に頭角を現し、いずれ大和を没収されると悲観したため。

11%

6.その他

2%
「ニッポン城めぐり」利用者のコメント

もん安芸守減量中(2を選択)
久秀のイメージだと、これかな。

備中守不如帰(`_´)ゞ(2を選択)
百戦錬磨。ずっと勝つ好機を待っていたんだろうな。でも最後まで勝てなかったって所でしょう(`_´)ゞ

南条左衛門督政忠(2を選択)
イメージとしてはこれ!

でっち主膳佑熊太郎(5を選択)
にゃー

髙橋阿波守太郎(2を選択)
松永の中で、勝算が見えてから!

HeavyMetal弾正忠(2を選択)
足利義昭にそそのかされて信長包囲網に加わった。

ちょたけ弾正少弼(4を選択)
信長の好きにさせたくなかったんやろなあ
茶釜を抱いて爆死て…

額田摂津守一貫(5を選択)
織田陣営での先が見えてしまったのではないか?!
大人しく隠居する人ではなさそう。

相模守謙龍(4を選択)
いくら松永とはいえ当時の信長から離反するにはそれ相応の理由があったと思う。

まっちゃん(3を選択)
・信長を操れないと感じたのでは?

ジョウ出雲守(2を選択)
これしか思い付かない!

後谷玄蕃助(6を選択)
三好長慶の忠臣であり、後継者の義継に従っていたが、義継が死んで仇をとる機会を狙っていた。

本多作左衛門(4を選択)
筒井順慶のこともあると思うけど、3か4かな〜

左衛門佐歳左右衛門(5を選択)
4と5合わせて

千木良右京進【✥】(6を選択)
天下を獲るのは信長だと確信し、
とにかく討ち果たしたら面白いと考えた、
伊達と酔狂による謀叛。

クワトロ右京進バジーナ(3を選択)
松永弾正のイメージは2のような気もするけど美的センス、合理的な思考等似た者同士かも…と想いました╮(. ❛ ᴗ ❛.)╭

無色花火(6を選択)
「信長をに勝ちたい」と思うようになったから、ですかねぇ。
ずっとよく判らん感じの松永の反旗でしたが、某4コマ漫画の決着は、かなり腑に落ちました。

あにじゃ修理大夫(2を選択)
正直、わからない。

安倍相模守宗任(4を選択)
いずれ粛清されると感じてもおかしくないから

Alfonso宮内卿(5を選択)
基本的に大和の支配権は興福寺抜きには語れない。筒井はあくまでも土豪の中の一つであり、離合集散を繰り返していた。そこで久秀は楔を打つための信長の道具でしかなかった。彼はそれに我慢ならなかったのかと。

田上右京亮朝清(6を選択)
久秀は三好宗家の重臣兼幕臣であったことを念頭に置けば、降伏した身とはいえ使いっぱしりの冷遇に耐えられなくなったからではという気が。この人、三好義継と一緒に死んでいた方が幸せだったんじゃないかな…。

平成30年創業左衛門尉饂飩(2を選択)
将軍を殺害するほどの野心家ですからね。

可児さる蔵(2を選択)
二回共、信長の敵対勢力の圧力が強くなったタイミングで反乱を起こしており、元々機会があればと思っていたのだと思います。ただ周りがヘタレで効果がなかったのが残念。

いのはな屋兵庫允09b(6を選択)
信長以上に腹の底が読めぬ御仁。
その実、眩しい思いを抱えていたのだとしたら…面白いなぁ。

二代目ネイガーにゃ~(2を選択)
四面楚歌状態の信長を見て先は無いと考え、謀叛に踏み切り、次の勢力のキャスチングボートを握った上で、三好の頃の様に新勢力内で権勢を握ろうと考えた?

黒田大宰少弐ななつ星(4を選択)
おそらくは、そう言うことでしょう。。。

岩ゆ(2を選択)
自分が英雄を超えた存在に
なりたかったんじゃ?

Mauria(6を選択)
身分に上下無く人は人であると、将軍と言う地位を持つ者に人でしかないと、大仏は人が造った物でしかないとわからせた人物、信長と同じ考えだが盟友ならいいが上下はあり得ぬと言うこと。

大谷右近衛大将吉継(2を選択)
やはり、毛利元就、宇喜田直家と並ぶ三大謀将らしく、これではないかと思う。

西村大炊允MK-Ⅱ(2を選択)
これが考えた中での一番ありそうな説かな

明石家船上(4を選択)
飛鳥尽きて良弓蔵される
狡兎死して走狗煮られる

を感じたから、
自己表現として謀反を起こした。
外部支援の無い籠城を起こすには
ヤケクソになるだけの理由があった

いずみ安房守(2を選択)
良い選択肢が多いです。迷いましたが、心服していないという点においてこれで。

堀の水全部抜く右近衛中将大作戦(2を選択)
心服したフリ に信長は騙されちゃたかも

東北覇王聖役小角(2を選択)
さすが松永最後まで自分の領域を守って行く末は領土拡大を狙って頑張っていたのかな?

奥豊後牢籠(3を選択)
梟雄であり非道のイメージが強いが優秀だから各々の政権に抜擢されたンやろ

ゴンタ肥前守.B(6を選択)
これは全くわからない

ともさお(2を選択)
信長包囲網の成功を確信したため。

巡見使(3を選択)
芸術肌、革新的先見性の孤高の士が信長公の中の自分と違う残虐性を見た。許せない一線を見抜いていた。拘りの違いを

シバヤン丹波守雲外蒼天(2を選択)
九十九茄子を差し出してまでも臣下についたのは名器を出してでも成したい事が心中にあったと思いたい。
金ヶ崎での朽木説得は周囲に敵対勢力が多すぎるから見送ったと推理。
謙信上洛を最後の好機と捉えた彼。

おつや邪魔!征夷大将軍速水右近(2を選択)
寝返って謀反は関西系武将の真骨頂!松永爆正、荒木村重、京に縁の深い明智光秀、別所長治、その他播磨武将、高山右近などキリがない。朝廷と幕府、仏門など横からチャチャが入る環境だから当然の事。

高橋鎮種(2を選択)
金ヶ崎からの撤退のとき、朽木元綱を説得し織田信長を無事京都まで逃がしたのは何故?という疑問は残るが…

池田下総少掾煕政(5を選択)
光秀という強力なコネがあった筒井順慶とは異なり一度離反した自分。しかも部下をコマ扱いする信長に戦々恐々。最後は、自分が信長だったら将来追放しちゃうかも、とか想像?5+4+3かな

勘解由長官あさよし(6を選択)
関西人と名古屋人は合わないから。

メガネモチノキウオ讃岐守(6を選択)
信長の殺戮の多さについて行けなかったのかも。

東行主税頭(6を選択)
最期まで『自分は三好家の重臣である』という考え方だったから。
三好義継と信長が友好的な時期は良いが、そうでなくなった時に背いている。
合理的な信長には理解出来なかったのだろう。

yutona-mi(6を選択)
ただの偏屈者だったような気がする。

白砂三河守青松(6を選択)
平蜘蛛を盗られる気配を察知。

アキレス最後の戦い釆女佑(2を選択)
やっぱり松永久秀なら2が一番しっくりくる。

iCastle周防守 6s(2を選択)
本気で天下獲りを考えていたとは思えないし、私怨や不安や悲観の人物でもなさそう。久秀自身の誇りやポリシーが要因のように思うので、一番近いのはコレかと。

聖戦士尾張守ヒロフミ【】(5を選択)
国替えの可能性が、反旗を翻すきっかけかも?

188 件中 101~150 件目を表示中

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。