戦国世論調査

信玄の人生最大の危機は?(2015/10/28)


武田信玄公之像(山梨県甲州市)

優れた武略で甲斐・信濃など広範囲にわたる版図を築いた武田信玄。そんな信玄の人生の中で最も危機だったと言える出来事は?

[投票実施期間]2015年10月28日~2015年11月12日


1.脆弱な当主権力のまま行われた、父の追放と家督相続。

14%

2.村上義清軍に生涯初の敗戦を喫した、上田原の戦い。

7%

3.多数の戦死者を出し再び村上軍に敗れた、戸石崩れ。

27%

4.本陣が上杉謙信の急襲を受けた、第4次川中島の戦い。

33%

5.未然に防がれたが家中を震撼させた、嫡男義信の謀反。

10%

6.甲相同盟の解消の後に成立した、上杉・北条の同盟。

5%

7.その他

1%
「ニッポン城めぐり」利用者のコメント

にゃにゃーにょ豊後守(7を選択)
春日源助(高坂昌信)に弥七郎との仲を疑われた時。 信玄が弥七郎という少年と寝ている!との噂を聞いた源助がとても怒っていたため、信玄はあわてて弁解のラブレターを出しました。その手紙は現存(笑)

GINTOKI(3を選択)
戸石崩れの大敗を立て直せなければ川中島も無いです!(^o^)

ツヨ駿河守(7を選択)
高坂弾正との恋仲がばれた時。

【鯉人】日向守なおちゃん(4を選択)
信繁が討ち死にした戦ですが、討ち取ったのが誰かも分からない大乱戦ですから

水城(1を選択)
有能な親を逆に蹴落とす。
これが一番孤軍奮闘状態だったと思う

右大臣国盗りひろくん(4を選択)
策に溺れた上手くない戦だったかと

ひらちゃん(2を選択)
やっぱこれかな

ガンジー大兄はな姫(7を選択)
三方原の合戦前に刑部城で信玄は亡くなっていたとか?文献が、関係者以外極秘文献は、刑部城家臣の方のお宅に今もあるようなので、城メグさん調べてみて!

川神侍従蔵臣昊(5を選択)
まさか、嫡男が謀反を企んでいたとは…。

青き巨星弾正忠かみさん(5を選択)
滅亡の端緒

副将軍 黒田官兵衛孝高(7を選択)
上洛出来ずに他界した事。

北野守(7を選択)
そりゃあ打倒信長の上洛戦でしよ
死因は諸説あれど実際に死んだんだからこれ以上の危機はなし!

ちんたん(4を選択)
信玄としては全くの予想外の展開だったのでは。典廐信繁・山本勘介などが犠牲になったくらいだから。

近江守Silvine(7を選択)
実質甲斐国内に攻め込まれた事がない以上、危機と呼べるほどのものはなかったのでは。

内蔵助阿弖流為(4を選択)
本陣急襲されて、本人怪我してるし信玄個人の危機としては4かな?

四神の朱雀(3を選択)
何となく

野呂利左衛門督休三(2を選択)
上記の危機、結構あっさりクリアしているイメージが。あえて選ぶなら三条夫人の輿入れか野田城での狙撃…ウソです。真面目に考えるなら、これかなと。小笠原が塩尻峠で大敗しなければ危機は続いていたかと。

ようぞう伯耆守(7を選択)
やっぱり死を呼び寄せた病魔だと思います。

黒野 淡路守 貞泰(7を選択)
塩止め 領民の困窮こそが一番危ない?

【制覇!】小田美濃守氏治(4を選択)
普通だったら絶対討ち死にしているから。

もうすぐ引退淡路守オカッチ(4を選択)
史実が本当なら高坂が遅れれば危うかったと思うので

いちごう(6を選択)
本腰を入れて攻め込まれたらまずかったのでは!?

大宰少弐ためぞう(4を選択)
信玄の危機というならこれかな。なんといっても、命が危ない

ひじ副将軍(4を選択)
武田信繁の討死がその後に影響をおよぼしてると思います。

おかっぴき(4を選択)
この戦で武田信繁が戦死したのが痛かった。

小早川右近衛少将尚景(1を選択)
跡継ぎの座を外されそうになったこと自体が危機。家臣団に感謝したろうね。

柴崎安房守梁慈朗(4を選択)
信繁が本陣を護って討死…その際、信玄が討死されて、武田軍総崩れ阻止の為に信繁が成り代わったのでは無いかとも思ってます。第4次川中島以降、信玄の内政・外交が変わったのも、変わっていたなら不思議ないかと…

(2を選択)
これまで負けた事のない信玄公にとって,とてもショックだったと思います(´・ω・`)

牡鹿大宰大弐ホヤ(6を選択)
実は信玄逝去直前の武田家の外交状況って四面楚歌なんだよなぁ…信玄の威名で持ってるだけだという感じがする。

勘解由次官かねぼん (7を選択)
義信を自害に追い込み、優秀な跡取りを残せなかったこと。

カエズ下総守ガリュキ(4を選択)
謙信強し!

白起(4を選択)
謙信は、信玄と唯一互角に戦えて、負けなかったと言えども謙信の存在自体が信玄にとって脅威だったから。

征夷内膳正大将軍(4を選択)
山本勘助とか、武田信繁さんという
とても有力な人たちが亡くなったから

ジョウ胆振守(3を選択)
重臣(腹心)を大分失ったことが大きい!

琉照(5を選択)
身内のゴタゴタが一番怖い。

主殿允ドラえもん(2を選択)
信玄は一番マズったと思う。
前に板垣、甘利を死なせ、今回は横田と小山田を死なせたため、家老は原虎胤と飯富虎昌しかいなくなってしまった。
新参しかいない武田軍は義清の絶好の標的?

左近将監丹波守(7を選択)
大信玄には、どれも切迫感はなかったような気がする。命の危険にさらされたという意味で、出生時が一番の危機かも。今川勢に甲府まで攻め込まれ、信玄を宿した母が詰めの城への避難を余儀なくされたわけだから。

パパ蔵人頭たこ(4を選択)
やはり、この出来事が一番印象に残っていますので。

しんぺー(5を選択)
自身の過去の行いをそのまま実子にされそうになった恐怖は、戦とはまた違う恐怖を感じたに違いない。

猿飛佐助宗蔵(2を選択)
いい教訓になったと思う

中山右兵衛督家範(4を選択)
第4次川中島の戦いが、それ以降の武田家を大きく左右する出来事ですし、最大のピンチだと思います。

黒猫くん上総介(2を選択)
領国の危機なら家中分裂系も信玄当人の危機なら合戦時か。ならば手傷を負ったと伝わる上田原の戦い。川中島は本陣急襲まで

侍従晴信(5を選択)
いつの時代もこれは難題

ソバッソ店長(2を選択)
い〜た〜が〜き〜。

出羽藤光(2を選択)
これ全部じゃん…なんだかんだいってギリギリばっかりだな

甑岩越中守正頼(7を選択)
多少の失敗や敗戦があっても大丈夫なように事前に水面下で手を打っておくのが信玄の真骨頂。どれも危機というほどではないと思います。

天才右近衛少将アミバ(7を選択)
家督相続前。廃嫡の恐れすらあった。
歴史は勝者のもの。義信を追放、死の間際まで跡目を決めない疑心暗鬼なところからも、信虎の傍若無人すら疑う必要がある。

本多越中守寛兵衛(7を選択)
隠そうと思ってたのに、死んだら、すぐに他国に事実が広まっちゃったこと。

ひで(1を選択)
廃嫡される危険性がありましたからね

Michi(1を選択)
父親の追放は、未だ盤石でない信玄の立場を考えると、1番の危機ではなかったかと。

88 件中 1~50 件目を表示中

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。