歴史イベント・メディア情報

京都ぶらり歴史探訪スペシャル

2017年12月05日21時00分

 

[放送日時]
12/5(火)21:00~22:54

[テーマ]
東海道中膝栗毛!? 都の弥次さん喜多さん

[概要]
十返舎一九の『東海道中膝栗毛』。
弥次さん喜多さんが巡った京都見物のルートをたどり、古都の新たな魅力を探す旅。

[番組詳細]
江戸時代の大ベストセラー・十返舎一九の『東海道中膝栗毛』。
弥次さんと喜多さんが江戸からお伊勢参りに向かう珍道中だが、実は彼らはその足で、京都まで足を伸ばしていた。
今回は中村芝翫と息子の橋之助・福之助が、弥次さん喜多さんが巡った京都見物のルートを辿りながら、古都の新たな魅力と出会う。

弥次さんと喜多さんの京都の旅は伏見から始まる。
まずは二人が参詣した稲荷の社へ。
伏見人形に込められた意外な意味とは?

祇園では、弥次さん喜多さんも芝居見物を楽しんだ。
また、当時親しまれた謎のお菓子「みづから」の正体を探る旅へ。
さらに、今も愛され続ける鯖寿司の老舗へ。
そして八坂神社や二人が立ち寄った茶屋、さらに壬生寺、島原へと足を運ぶ。

弥次さん喜多さんの珍道中は、講談師・一龍斎貞鏡の語りにてお届け。
今なお人々を楽しませる京都旅の醍醐味に迫る。


旅人:中村芝翫、中村橋之助、中村福之助
語り:一龍斎貞鏡(講談師)

 

投稿者:いいね!秋田城介直虎

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore