歴史イベント・メディア情報

にっぽん!歴史鑑定

2017年12月04日22時00分

 

[放送日時]
12/4(月)22:00~22:54

[テーマ]
忠臣蔵・四十七士の知られざるその後

[概要]
討ち入り後、切腹の処分が下るまで、なぜ一ヶ月半もかかったのか?
切腹したのは46人。討ち入り後に消えた人物が…。
浅野家、大石家など、残された家族のその後は?

[番組詳細]
元禄14年(1701年)3月14日、江戸城松之廊下で赤穂藩主・浅野内匠頭が、高家筆頭の吉良上野介を斬りつけるという刃傷事件が起こった。
内匠頭は即日切腹に処され、上野介は無罪放免。
これより、赤穂浪士・四十七士が吉良邸に討入りを果たすまでが『赤穂事件』。
そして、この事件を元に作られた芝居が『忠臣蔵』。
四十七士の吉良邸討入りまでは有名な話だが、その後彼らに沙汰が下るまでの悲喜交々は意外と知られていない。
討入り後、切腹に処されるまで、およそ1ヶ月半。
4つの大名家に預けられていた赤穂浪士達の待遇は、天と地ほども違った?
大石家、浅野家、吉良家、残された家族達は、その後どうなったのか?
討入りに参加しなかった者達の、その後の人生にも迫る。


ナビゲーター:田辺誠一

 

投稿者:いいね!秋田城介直虎

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore