歴史イベント・メディア情報

「道灌との決戦地は熊倉城」景春の要塞 立体模型に

2020年11月21日09時00分

 

室町~戦国時代の武将、長尾景春を研究する市民グループ「長尾景春の伝承地を歩く会」のメンバーが景春と太田道灌との決戦の場として「高佐須要塞」の立体模型を制作した。歩く会は要塞が通説の塩沢城(小鹿野町)ではなく熊倉城(秩父市荒川日野)説を提起。堅固な山城だったことを示す模型は同資料館で公開が始まった。

荒川歴史民俗資料館は火、水、木の午前9時~午後5時開館。無料。
問い合わせは0494ー54ー1058

2020年11月21(土)毎日新聞より抜粋

 

投稿者:てつや右衛門尉

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore