歴史イベント・メディア情報

「本能寺の変 原因説50 総選挙」

2020年05月01日00時00分

 

以下、福知山光秀ミュージアムホームページからの転載です。

福知山市の官民連携組織「福知山光秀プロジェクト推進協議会」は、2020年1月11日に、明智光秀が築いた福知山城のふもとに「福知山光秀ミュージアム」を開館しました。1年間10万人の目標に対し、2か月で2万人を記録するなど好調でしたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、3月11日から現在に至るまで、休館を続けています。明智光秀が築いた福知山城も休城中です。

再開の見通しが現時点では立たないこと、またゴールデンウィークも「ステイホーム」、自宅で過ごす方が多いこと、そんな中6月に本能寺の変(6月2日)や光秀命日(6月14日)というメモリアルデーが迫っていることから、ミュージアムに来なくとも全国の方が参加できる企画「おうちで光秀ミュージアム」をスタートします。

昨年も、6月2日に「福知山限定!明智光秀が話す自動販売機」を設置し、反響を呼びました。今年も、本来は6月を「光秀月間」と定め、現地でのお楽しみ企画として準備を進めていましたが、現在の状況下では難しいことから、急遽計画を変更しました。

「本能寺の変 原因説50 総選挙」(略して#HNG50)は、参加者が本能寺の変の原因といわれる全50説の中から“推し説”を投票し、6月2日の早朝【本能寺の変の日時】に総選挙の結果が発表されます。さらに、投票者の中から抽選で、今年初春にSNS上で大きな話題を巻き起こした「本能寺の変お知らせハガキ」が6月1日【本能寺の変出陣日】までに実際に自宅に届くなど、史実にふんだんにリンクした内容となっております。

そして、また福知山城や福知山光秀ミュージアムが再開した暁には、ぜひお出かけください。

詳細は
https://www.city.fukuchiyama.lg.jp/site/mitsuhidemuseum/hng50.html

籠城中のお伴に。

 

投稿者:源播磨守@ポンコ2⑫花札

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore