歴史イベント・メディア情報

【泰巖歴史美術館】 3月22日開館

2020年03月22日10時00分

 

泰巖(たいがん)歴史美術館が
3月22日に開館します。

織田信長、武田信玄、上杉謙信などといった戦国時代に活躍した武将達の古文書・書画・武具・茶道具などを中心とした歴史史料を管理する「一般社団法人 太陽コレクション」が開設する私設美術館。

原寸大の安土城天主閣や話題になった信玄から信長に宛てた書状を始め、甲冑や太刀まで多くの貴重な品々を観ることが出来ます。

美術館名称に使用されている「泰巖(たいがん)」は、織田信長の戒名である
「総見院殿贈大相国一品泰巖尊儀」の一部で、泰然自若として威厳のあるという意味があります。

なお、昨今の状況から開館日や時間について急な変更も考えられます。ご予定の際は、公式ホームページにてご確認ください。

【所在地】〒194-0021 東京都町田市中町1丁目4-10

【入館料】おとな 1500円

 

投稿者:雑賀

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。