歴史イベント・メディア情報

BS1スペシャル

2017年06月24日20時00分

 

2017年6月24日(土)20:00~21:50(110分)
「よみがえれ 熊本城 サムライの“英知”を未来へ」

熊本城再建の舞台裏に密着!400年前の石垣に秘められていた脅威の耐震性。最新科学と歴史検証でミステリーに迫る。“サムライの英知”が詰まった城をどう再建するか?

番組内容
巨大地震で壊滅的な被害を受けた「熊本城」。調査によって意外な事実が明らかになった。400年前の築城当初に造られた石垣の実に9割が地震に耐えていたのだ。なぜサムライたちは地震に強い城を造ることができたのか。最新科学と歴史検証でミステリーに迫る。一方、サムライの英知が詰まった城をどう再建するか。耐震性と文化財的価値を両立させるための試行錯誤が続いた。熊本城再建の知られざる舞台裏に密着した1年間の記録。

出演者
アナウンサー
井上二郎


番組スタッフから
【どんな番組ですか?】
400年前のサムライが残したミステリーに、科学検証で迫るドキュメンタリーです。

【番組の見どころは?】
熊本城の石垣の約7割が地震に耐えていたのは、単なる偶然だったのか。
その驚異的な耐震性と、先人たちの石積み技術に迫ります。

【この番組を企画したきっかけは?】
熊本地震で現地取材に入っていた当時、被害を受けた熊本城の姿に心を痛める多くの市民の方々と出会いました。熊本城はなぜそこまで大きな存在なのか? 被害にばかり焦点を当てるのではなく、地震に耐えた事実に再建へのヒントは隠されていないか? と考えたことが番組の原点となりました。

【心に残った言葉は?】
「災害と一緒に進んでいく」・・・市民の方のこの言葉が、心に突き刺さりました。

【この番組を取材するなかで新しい発見や、驚いたことはありましたか?】
400年前に築かれた石垣には、現代の研究者も驚く“秘密の計算式”が隠されていました。この計算式が、「驚異の耐震性」を生み出していたのです。

【見てくださる方に一言】
熊本城を築いたサムライたちが城にどのような思いを込めたのか、そして今、20年かかると言われている再建を少しでも早めることは出来ないか、最新技術を駆使して挑んだ1年の記録をご覧いただければと思います。

(番組ディレクター 土田正太)


 

投稿者:織田筑前守信光9/8九州

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore