歴史イベント・メディア情報

戦国・大桑城シンポジウム

2020年02月09日13時00分

 

室町時代から戦国時代にかけて、200余年にわたり美濃国を中心に勢力をふるった守護土岐氏は、天文4年(1535年)、長良川の洪水をきっかけに、山県市大桑地区に守護所を移し、大桑城や城下町を本格的に整備していきました。
このシンポジウムでは、大桑城跡で見られる特徴をもとに、当時の隣国との関わりから、大桑城の役割と意義について考えます。
ぜひ、ご聴講ください。

日時:令和2年2月9日(日曜)
    開場/12時30分~  
開会/13時~16時10分

会場:美山中央公民館
    山県市岩佐1177番地1 電話/0581-52-1106

内容:歴史発表会(市内小学生代表)
基調講演「谷にある城のあり方」 
中井 均氏(滋賀県立大学教授)

報告「近江からみた大桑城」 
新谷 和之氏(近畿大学特任講師)

「越前からみた大桑城」 
石川 美咲氏(福井県一乗谷朝倉氏遺跡資料館学芸員)

「光秀ゆかりの地山県市と大桑城」
西村 覺良氏(山県市文化財審議会委員長)

パネルディスカッション「大桑城の魅力発信とまちづくり」
コーディネーター 
内堀 信雄氏(岐阜市教育委員会)
パネリスト 
中井 均氏、新谷 和之氏、石川 美咲氏、西村 覺良氏

定員:350人

申し込み:1月6日(月曜)より申し込みを受け付けます。
電話にて生涯学習課(電話/0581-22-6845)まで申し込みしてください。

※定員になり次第、締め切ります。

明智イベントでも登場する大桑城のシンポジウム。
本能寺の変サミットに出演された石川美咲さんも♪
ぜひご参加ください(*´`*)

 

投稿者:御茶屋の三献茶近江守佐吉。

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore