歴史イベント・メディア情報

名刀への道

2020年01月07日~2020年02月16日

 

国宝 太刀 銘 正恒、重文 黒漆剣(鞍馬寺蔵)、重文 太刀 銘 成高(京都国立博物館蔵)、重美 太刀 銘 包平、太刀 銘 閼寂(中鉢美術館蔵)、重文 太刀 銘 吉家作(京都国立博物館蔵)、重美 太刀 銘 豊後国僧定秀作(刀剣博物館蔵)、重文 太刀 銘 宝寿(静嘉堂文庫美術館蔵)、重文 短刀 銘 吉光〈名物 信濃藤四郎〉(致道博物館蔵)など、また同時展示で佐野美術館所蔵・寄託の刀剣より、国宝の長光の薙刀をはじめ、重要文化財の名物 松井江や、天下三名槍のひとつ蜻蛉切など約5点を特別展示。

日本刀誕生期には、伯耆(ほうき)の安綱(やすつな)、豊後(ぶんご)の行平(ゆきひら)、備前の包平(かねひら)などの名だたる刀工が活躍しました。それらの刀剣には、誕生間もない時代特有の力強さが溢れ、今でも多くの人々を惹きつけています。本展ではこれらの名工が活躍した平安時代後期から鎌倉時代にかけての刀剣を中心に展示されます。

 

投稿者:国崎嘉十郎✨一日千秋

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。