歴史イベント・メディア情報

長浜城発掘調査現地説明会

2019年08月17日10時30分

 

豊臣期(1574~1590年)の石垣の一部を見つかったそうです。
この時代の遺構はこれまではっきりと確認されていなかったため。当時の城の輪郭を想定する上で貴重なものだそうです。

本丸跡とされる園内にある国民宿舎「豊公荘」の北側の地下1・4メートルで出土。遺構は、9個の石材が東西に4・5メートルにわたって連なり、東の端で直角に南に曲がっているそうです。
石材は、最大が縦80センチ、横45センチ、最小が縦49センチ、横13センチ。大きさが統一されておらず、自然石が多く比較的小ぶりで、くさびを使って石材を割った痕跡がなかったそうです。このため、市は、1600年以前の城主だった羽柴秀吉から山内一豊の時代に造られた石垣と判断しているそうです。

問合せ先
長浜市歴史遺産課
℡0749(65)6510

残暑厳しい中ですが、いかがでしょう。

 

投稿者:源山城守@㉓㉔関●州♪

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。