歴史イベント・メディア情報

御土居を見て歩き

2019年10月12日09時00分

 

開 催 日:令和元年 10月 12日(土)、10月 20日 (日) 雨天決行
開始時刻:午前 9時から順次

コース
史跡大宮御土居町→長坂口・史跡鷹峯旧土居町2→史跡鷹峯旧土居町3→紙屋川沿いに北大路通を通過→紙屋川児童公園(トイレ有)→史跡紫野西土居町→史跡平野鳥居前町→北野天満宮北門北側(3.6㌔、所用時間:3時間半)

参加費:無料
定 員:各日とも 75名 ( 15名ずつ 5組、各組に説明員 2名付)

必ず往復はがきにて事前申込要
申込先:
〒602-8435 京都市上京区今出川通大宮東入元伊佐町265-1
      京都市考古資料館まで

1通につき2名まで申込可。往信用葉書裏面に「御土居を見て歩き参加希望」と参加希望日を明記の上、参加者それそれの郵便番号・住所・氏名・年齢・当日連絡が取れる代表者電話番号を記入要。返信用には返信先の住所・氏名を記入

申込締切:令和元年9月 30日 (月) 消印有効 ※申込多数の場合は抽選。


問合せ先
京都市考古資料館
℡075-432-3245
https://www.kyoto-arc.or.jp/blog/wp-content/uploads/2019/08/20190801134811.pdf

京都市考古資料館開館40周年を記念して、普段の「遺跡見て歩き」とは一味違う【特別版】「御土居見て歩き~洛中洛外のはざまを歩く~」の実施を企図されてます。
豊臣秀吉によって築かれた御土居は、土塁と堀によって京都の中央、洛中を囲い込み、外側の洛外との境に。今回は比較的残りの良い北西部の御土居に沿って歩き、洛中と洛外のはざまを体感できるそうです。
参加者には、新しく作った遺跡見て歩きマップ「御土居(北半)」を進呈。さらにゴール地点では参加賞として遺跡見て歩きマップ「御土居(南半)」をプレゼントがあるそうです。
健脚自慢の方々、専門家の説明を聞きながら御土居散策はいかがでしょうか。

 

投稿者:源山城守@㉓㉔関●州♪

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。