歴史イベント・メディア情報

歴史秘話ヒストリア「よみがえる大坂の陣 幻の金屏風 誰が描かせたのか」

2019年07月03日22時30分

 

400年前の史上最大の合戦「大坂冬の陣」。翌年の「夏の陣」とあわせ、豊臣家が滅び、徳川の世が確立した「天下分け目」の大いくさだ。真田丸など有名なエピソードも多い。しかし戦いを記録した「大坂冬の陣図屏風」は、いわば「下書き」。色がほとんどなく、色の指定があるだけだった。今年、色彩が復元された結果、屏風絵の発注者など、様々なことが判明しつつある。最新の考古学的成果もあわせ、よみがえった幻の屏風に迫る。

 

投稿者:山中 バンビの助

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。