歴史イベント・メディア情報

歴史科学捜査班 秀吉が京都に造った世界最大木造建築

2018年12月10日19時00分

 

かつて京都には世界一大きな木造建築があったという。それが天下人・豊臣秀吉が建てた「方広寺大仏殿」天下統一を果たした秀吉は権力を示すべく奈良の東大寺を凌駕する巨大な大仏殿と巨大な大仏を京都へ作ろうとした。約7年の歳月とのべ100万人を超える労働者、そして莫大な資金の投入。そして完成したのは50メートルの当時世界最大の木造建築の大仏殿。現代のような機械技術が無い時代にどのようにして巨大プロジェクトは成し遂げられたのか?先人たちの驚くべき知恵と努力を検証する。

 

投稿者:山中 雅楽頭 バンビの助

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。